六本木 なか久

皆さんこんばんは。気持ちが良い秋晴れが続いてますが、週末は崩れてしまうみたいですね。

体調管理には気をつけましょう。

今日は最近お邪魔した六本木のお鮨屋さんの話を少し・・・。

誕生日を迎えたこともあり、たまにはご褒美ということで行って参りました。

ミッドタウンの出口から出て反対側の歩道を乃木坂に向かって歩くこと約五分。(国立新美術館の看板を過ぎたら、もう少しです。

富士フィルムのすぐ隣の地下にあります。)

こちらのお店に初めて伺ったのは20代前半だったと思います。本来その年齢からすると、場違いだったかもしれません。

きっかけは以前勤めていたお店の常連様が、店舗の内装をデザインなさったということでご紹介頂きました。

綺麗な店内は居心地が良く、敷居が高い感じはしますが大将とお弟子さんの気さくで、初心者にも優しいサービスが素晴らしい

と思います。

久しぶりに伺っても何となく覚えていてくださいます。そして、私がダラダラと飲みながら「何かオススメのおつまみを・・・。」

と伝えるとドンピシャで合わせてくださいます。

気がつくといつも飲みすぎてしまう・・・。味は勿論のこと!!何となく長居してしまう空間。

自分自身が心がけるサービスに近い感じ・・・。いつも勉強になります。

鮑のやわらか蒸し、鰯の炙り、生しらす、赤みのユッケ風・・・酒がとまらん。お酒も氷酒になっていて、飲みやすいのです。

そして今宵も深酒をしてしまい、休みなのに身体が休まらないのでした。

そんな素敵なお鮨屋さん。六本木の「なか久」さん。

ちょっと自分へのご褒美や記念日などで行かれてみては如何でしょうか?

BAR RAPPORT 軍司