プチオールド マール・ド・ブルゴーニュ

こんばんは。

今回は久しぶりにブランデー。マールのご紹介です。

マールはワインを生産した時に残った絞り粕を発酵して蒸留したブランデーです。

樽で熟成したものが殆どで、甘い芳香や樽の香り。

酸を思わせるようなヒネた香りなど、複雑味が満載です。

ご紹介する造り手は、「ジャン・ピエール・ミュニュレ」。

photo (65)

ヴォーヌ・ロマネのトップ生産者の一人、モンジャール・ミュニュレの親戚にあたります。自らもエシェゾーをはじめヴォーヌ・ロマネやニュイ・サン・ジョルジュのワインを造っていましたが、古くから続いていたこの名家も跡取りがおらず、残念ながら2004年を最後に引退。

その後、畑は熟成ワインで名高いデュデ・ノーダンに貸し出されています。つまりはそれだけ長期熟成に耐えうるだけのポテンシャルを秘めた素晴らしい畑を所有していたということだと思います。

その畑から生み出された上質のブドウ。そのブドウから造ったワインの絞り粕をもとに1990年代に造られていたのが、このマール ド ブルゴーニュです。

マールのオールドボトルとしては、まだ若いプチオールド的なマールですが、オススメです!!

自家製のチョコレートと合わせて、是非お試しください♪

では、今宵も桜新町でお待ちしております。

BAR RAPPORT軍司