新入荷 グレンフィディック オールドボトル

台風もあっさりと過ぎ、今日は台風一過で暑い一日でしたね。

ホッとしたのもつかの間、17号が接近してきてるとか・・・

週明けはまた雨模様になりそうな予感。

暑くなったり、冷え込んだりと寒暖の差が激しい季節の変わり目

ですから、皆さんも体調にはお気を付けくださいね。

今日は少し古いシングルモルトのご紹介です。

中々、程よい価格で古いお酒と出会うことが少なくなってきている今日。

本当にありがたい・・・

スペイサイド地域で、世界でも販売数3本指に入るこの銘柄。

非常にスムースで飲み易いウイスキーで、皆さんも一度はお目にかかった

ことがあるのではないでしょうか。

グレンフィディック

IMG_5141

 

グレンフィディック オーバー10Y

 

IMG_5140

最初の1本はエイジングが無く、8年前後位ではないかと思われます。

こちらの方がアルコールのアタックがしっかり感じられます。

オーバー10年も抜けている感じは全く無く、非常に綺麗なバランス。

どちらも共通して柑橘のような爽やかさと草原のような青さ、綺麗な余韻が

感じられ、複雑な味わいになってます。

飲み比べをして頂くと、それぞれの良さや違いが分かり

古き良き時代のウイスキーの滋味を楽しめるかと思います。

是非、一度お試しください。

では、今宵も桜新町でゆるりとお待ちしております。

BAR RAPPORT軍司

 

新入荷シングルモルト アードモア

こんばんは。

台風が接近してるみたいですね。

明日がピークとか・・・最近、日本各地で大雨の被害が出てますし

今後の動きに注意したいですね。

前回もご紹介した「パール・オブ・スコットランド」

の第三弾です。

ハイランド地方で唯一100%ピートモルトを使用していて、

ブレンデッドスコッチの「ティーチャーズ」の原酒にも使用され、

「大きな丘」の意味をもつ蒸留所。

アードモア1988 25年

IMG_5174

柑橘フレーバーいっぱいのトップノート。

ふくよかな甘みとスパイシーな余韻。

綺麗な中に僅かにピートとスパイスが混在している印象です。

是非、一度お試しください。

では、今宵も桜新町でゆるりとお待ちしております。

BAR RAPPORT軍司

新入荷コニャック 『ポールジロー ヘリテージ』

こんばんは。

8末周年から9中のねぶた祭りまでバタバタで

ブログの更新ができませんでしたが、やっと落ち着きましたので

少しづつ更新していきたいと思います。

今回のコニャックを含め、先月から入荷しており大分減っているものも

ありますが、順にご紹介していきたいと思いますので

宜しくお願い致します。

そして今日は久しぶりにコニャックのご紹介です。

1990年代後半に流通していたもので、1950年前後に蒸留され

2000年以前に瓶詰されたコニャック。

プチオールドコニャックと言ったとこでしょうか・・・

フランスの小さな蒸留所でおじいちゃんが造っているコニャックで、

通常は15年、25年、35年のラインナップを良く目にするかと思います。

ポールジロー ヘリテージ

IMG_5187

開けたてから香るエレガントな芳香。

柔らかく、まろやかな口当たり。

スムースで嫌味のない、綺麗な余韻が長く続き・・・

グラスの残り香でも十分に楽しめるコニャック。

是非、一度お試しください。

では、今宵も桜新町でゆるりとお待ちしております。

BAR RAPPORT 軍司