新入荷カナディアンウイスキー 『クラウンローヤル』オールドボトル

こんばんは。

今日は久しぶりにカナダのウイスキーのご紹介です。

カナダのウイスキーと言えば、カナディアンクラブが最初に浮かぶかと

思いますが、イギリス国王がカナダを初訪問した際にシーグラム社が

献上品として造ったことで、カナダを代表する銘柄になったようです。

ライ麦が主原料のフレーバリングウイスキーとトウモロコシが主原料の

ベースウイスキーを様々な樽で3年以上熟成し、ブレンドするのが一般的な

カナディアンウイスキーの造り方。

クラウンローヤル オールドボトル

IMG_5591

今から40年から50年も前に流通していたボトルで、

どうかな・・・・と心配でしたが、アルコール感も問題なく、

香りも豊かで、近年のものに比べると厚みと熟成感が強く感じられるかと。

ストレートは勿論、ロックでサクっと飲むのも良いと思いますよ。

前回のシェリー感たっぷりの「ゴールドタッセル」もありますので

是非、飲み比べてみてくださいね。

では、今宵も桜新町でゆるりとお待ちしております。

BAR RAPPORT軍司