新入荷 カルバドス『ローリストン 1986』

こんばんは。

12月も残すところ、あと僅かですね。

気温が高いせいか、師走な感じがしませんね。

ラポートは変わらず、ゆるゆると休みなく営業しております。

年内は30日まで、年始は4日からの営業になりますので、宜しくお願い申し上げます。

12月はカルバドス強化月間ということで?前回もご紹介致しましたが、今回入荷の商品は…

「うわっ、なつかしー」と仰る方もいるのでは?

最近、あまり流通してなかったんですかね。お知らせ見て、即入荷しました。

フランスはノルマンディ地方で造られる、林檎が原料のブランデーです。

クールド・リヨン社のオーナーであり、カルバドス・ドンフロンテス協会会長を務めている

クリスチャン・ドルーアン氏が手掛けるカルバドス。

ACドンフロンテはACペイドージュと比べると、梨の含有率が多いせいか

とても柔らかく、繊細です。

長期熟成された物になると、熟成感とエレガントな甘味に魅了されること間違いなし。

ACドンフロンテ ローリストン 1986

IMG_0649

奥から溢れ出る、芳醇なリンゴフレーヴァー。

樽感は強くなく、とにかくエレガント。

ずっと香っていたくなる事、間違いなし。

是非、無くなる前に一度お試し下さい。

では、今宵も桜新町で

ゆるりとお待ちしております。

BAR RAPPORT(バーラポート)軍司

新入荷カルヴァドス 『アプルヴァル キュヴェ ヴィクトール』

こんばんは。

今日は気持ちのいい秋?冬?晴れでしたね。

早起きして洗濯しつつ・・・ロードバイクでおでかけです。

日課になりつつある、玉川サイクリングロードに。

上流にひたすら上っていくんですが、調布、府中を超えて国立くらいまで。

川の音とキラキラみながら、往復で50キロくらい。

大分、慣れてきたので仲間と遠出してみたい欲求にかられる今日この頃でございます。

本題に入りますが、寒くなってきてハードリカーの動きも良くなってきました。

最近は女性の方にも良くオーダー頂く、リンゴのお酒カルヴァドスでございます。

秋から冬にかけてカルヴァドスがオーダーされる機会が増えているような・・・

で、強化月間的な感じで入荷しております。

今回は信濃屋さん直輸入のカルバドスで、1989年に創業し、カルヴァドスやシードルを

作る家族経営の生産者です。

1998年に創業者の孫娘にあたる、アガテ・レタリー女史がオーナーに就任し、広大な農園を

全て林檎栽培に一部を洋梨に切り替え、新しく1800本もの樹を植樹し、現在は自社畑で

17種類もの林檎を栽培しています。

フランス政府から有機認証を取得した100%自社畑で栽培された林檎のみで造られる

原酒は商品ごとに使用する樽の新旧や大きさを変えることで、個性があり幅のある原酒を

造りわけています。

アプルヴァル キュヴェ ヴィクトール

IMG_0650

平均熟成年数30年オーバーの原酒を使用し、1200リッターの大樽で熟成した後

400リッターの樽に移し変えて熟成。

申し分のない熟成感と味わい、長熟なのにリーズナブル。

これから注目の生産者になりそうです。

是非、一度お試しくださいね。

では、今宵も桜新町でゆるりとお待ちしております。

BAR RAPPORT(バー・ラポート)軍司

FOODメニュー追加

こんばんは。

昨日くらいからかなり冷え込んできましたね。

先週末は仕事で秋田に行って参りました。毎年恒例の生ハムのづくりです。

天候にも恵まれ、11月とは思えない温かさで・・・

とは言え、冬一歩手前なので朝晩はかなり冷え込みます。

東京に戻ってきたら、わりと薄着でも「あったかいなぁ」などど言ってたら

この寒さ。朝方の自転車がちょっと辛い・・・

皆さんもお出かけは温かくして、風邪などに気を付けましょう。

ラポートのフードも少し冬らしくなってきました。

白子や牡蠣などが始まっております。

おつまみやパスタ等でお出ししていきたいと思います。

北海道産 真鱈白子のフリット

IMG_6116

播磨産牡蠣ときたあかりのエスカルゴ風

IMG_6700

白子のムニエル』や『牡蠣フライ』的なものなど・・・

白子とホワイトアスパラのジェノベーゼ』などのパスタやリゾットでもご用意致します。

是非、一度お試しください。

では、今宵も桜新町でゆるりとお待ちしております。

BAR RAPPORT(バー・ラポート)軍司