新入荷シングルモルト 『ジ・アンタッチャブルズ ウォードヘッド1989 25年』

こんばんは。

本日ご紹介するシングルモルトはスペイサイド地域にある蒸留所で

世界トップクラスを誇る売上げと、ラベルにある鹿がトレードマーク

になっています。

飲んだことは無くても、一度は名前を聞いた事がある方も多いはず。

鹿のマークに緑の三角形のボトルと言えば・・・

そう!!あの蒸留所ですね。

今回は基本的にはボトラーズへの原酒供給が無いため、蒸留所名を

公開できないという、ウイスキー業界の「アンタッチャブル」な領域を

シリーズ名にした第三弾。

極まれに原酒が販売される際には、別の蒸留所の原酒が1滴だけブレンド

され、シングルモルトとして販売は出来ずブレンデッドモルトと表記され

販売されます。

オフィシャル以外でのリリースはレアで且つウォードヘッドとしてのリリースも

希少で25年という熟成年数も期待値が高まりますね。

ジ・アンタッチャブルズ ウォードヘッド1989 25年

IMG_7234

柔らかなバニラ、オレンジオイル、グレープフルーツシード

メロンやココナッツ、メントールの香り。

フレッシュな柑橘やそのピール、キウイフルーツに始まり

和梨やパインのフルーツに。アイスや蜂蜜のような甘さが

スムースに広がり、ややオイリーな味わいとのバランスは絶妙。

フィニッシュは桃の皮や、ホワイトペッパー、リコリスなどのスパイス

そしてオークの樽の余韻。

オフィシャルのオールドボトルもご用意しておりますので、是非合わせて

お試しください。

では、今宵も桜新町でゆるりとお待ちしております。

BAR RAPPORT軍司

 

新入荷シングルモルト 『リンクウッド1992 21年』

こんばんは。

今日は気持ちのいい天気でしたね。

このまま春を迎えてくれたら良いのですが・・・

本日ご紹介するシングルモルトスコッチはスペイサイド地域

にある蒸留所。

UD社が瓶詰していた花と動物シリーズでも白鳥の絵が描かれていました。

今回はインポーターの「エイコーン」がオリジナルで瓶詰したものですが

白鳥が目を引くラベルです。

ブレンデッドスコッチの「アボッツ・チョイス」のキーモルトとして使われており

軽く華やかなで柔らかい印象のウイスキーです。

エイコーンオリジナルボトリング

フレンズオブオーク リンクウッド1992 21年

IMG_7182

フローラルで華やか、甘くりんごのような香り。

フルーティな甘味と酸味、トーストしたパンのような香ばしさ、

オレンジピールのような穏やかな苦みが広がります。

ハーブのような余韻とドライなフィニッシュ。

他のリンクウッドもご用意しておりますので、是非飲み比べをして

みて下さいね。

では、今宵も桜新町でゆるりとお待ちしております。

BAR RAPPORT軍司

新入荷シングルモルト 『グレンギリー1989 24年』

こんばんは。

昨日、今日と本当に寒いですね。

風邪やら花粉症で鼻がぐずってる方が多い気がしますが、

ご自愛くださいね。

今回ご紹介するウイスキーはシングルモルトスコッチです。

東ハイランドに位置するこの蒸留所はラベルに描かれている

鹿がトレードマークで、覚えやすさはあるものの名前のスペルが

読みづらい。

GLEN GARIOCH・・・普通に読めばグレン・ガリオックなのですが、

グレン・ギリーと読みます。

インポーターの「エイコーン」がオリジナルでボトリングしたシリーズものです。

フレンズオブオーク グレン・ギリー1989 24年

IMG_7181

ナッツのような香ばしさや茶葉、古木のウッディな香り。奥の方から

りんごや梨の甘い香りやマーマレード。

樽由来の複雑な甘味と柑橘系の酸味。干し草や胡桃を思わせる

渋み。

余韻はクローブのようなスパイシーなフィニッシュ。

複雑な味わいを是非お試しください。

では、今宵も桜新町でゆるりとお待ちしております。

BAR RAPPORT軍司