新入荷シングルモルトスコッチ 『エイコーンNMS キャパドニック1992 21年』

こんばんは。

昨日、今日と気温もほどほどで過ごしやすい一日でした。

昨日は風も強くなく、遠出するには絶好のサイクリング日和でした。

前回は昭島まで往復70キロでしたが、その先の福生市を超えて羽村市まで行ってみました。

往復で93キロ。

おしいっ。後7キロ。次回は記録更新狙います。

本日ご紹介するウイスキーは、シングルモルトスコッチ。

エリアはスペイサイド地域のローゼスという、狭い街中にある蒸留所。

向かいに建つ「グレングラント」蒸留所の第二蒸留所とされ、殆どがシーバスリーガル

などのブレンド用に生産されていたようで、グラントに比べると個性は穏やかな印象。

今回はエイコーンさんのオリジナルボトリングのシリーズ「ナチュラル・モルトセレクション」

からのリリース。

エイコーン ナチュラル・モルトセレクション キャパドニック1992 21年

IMG_1145

柑橘や乳酸系の香り、ジンジャーやマーマレードの香りなど、フルーツ香が詰まった

印象ですね。

ドライフルーツの甘味から穏やかな酸味、樽の渋みが広がります。

度数が高いわりに甘さがあるので、それほどアルコールのアタックはきつくないと思います。

少し加水してあげると、また甘味や渋み、かくれたスモーキーさが顔をだすことで

違うテイストを楽しめるかと思いますよ。

是非、一度お試しくださいね。

では、今宵も桜新町でゆるりとお待ちしております。

BAR RAPPORT(バー・ラポート)軍司

 

新入荷シングルモルトスコッチ 『エイコーン NMS グレングラント1991 22年』

こんばんは。

最近、水素水の話題を良く耳にするのですが、皆さんは試したことが

ありますか?

パックで購入したり、ご自宅で水素水が作れる機械を入れたり、持ち運び

が出来る水筒型だったり、水素風呂とか・・・

「少し変わった味がする。」という意見や「これでお米を炊くととても美味しい。」だとか

様々な意見や感想がありますね。

先日お客様に頂きまして、試してみました。

味は得に変な感じは無かったですね。

代謝も良くなるみたいで、身体には良さそう。

続けるにはコストが気になるところかな・・・

では本題です。

本日ご紹介するシングルモルトスコッチウイスキーは、イタリアなどで

70%という圧倒的なシェアを誇る蒸留所(現在は変わっているかも・・・)です。

スペイサイド地域にあり、1900年にはスコットランド以外の国で初めて販売され

シングルモルトのパイオニア的な存在だったようです。

エイコーン ナチュラル・モルトコレクション グレン・グラント1991 22年 』

IMG_1146

オレンジやリンゴ、アプリコットや蜂蜜の香り。

甘いフルーツの香りが溢れてくる感じ。

穀物由来の甘味や酸味、渋みがバランス良く広がり

オレンジピールやシナモン、シトラスが上品に残るフィニッシュ。

上品な甘味とフルーツ香が度数を感じさせない、極上のバランスです。

是非、一度お試しください。

では、今宵も桜新町でゆるりとお待ちしております。

BAR RAPPORT(バー・ラポート)軍司

新入荷カルバドス 『アプルヴァル 1998 シングルカスク・カスクストレングス』

こんばんは。

また冬に逆戻りですね。

週末は雪マークだし・・・

冬物を片付けようとすると、また寒くなるこの仕打ち。

外の気温は関係ないんですが、ぽつぽつハードリカーが入荷してますので

少しづつアップしていきたいと思います。

今回ご紹介するカルバドスは、昨年末にもご紹介した生産者で

1889年に創業し、シードルとカルバドスを造る家族経営の生産者のもの。

自社畑で生産している17種類のリンゴは、全てフランス政府から有機認証を

受けており、そのリンゴを巧みにブレンドしているのが特徴。

1ヵ月間に2回、空気に触れさせる作業「ストロングエアレーション」を行うことで、若い

ながらも親しみやすい度数へと熟成されていくとのこと。

アプルヴァル 1998 シングルカスク・カスクストレングス

IMG_1143

焼き立てのアップルパイ、ビターチョコレート、ジンジャーやシナモン。

エアレーションからくる甘味、カスタードやビターな甘さが広がり

余韻はさやかな甘さと苦みが続く。

前回の長期熟成ものも良かったですが、今回のカスクも非常に良い仕上がりに

なっておりますので、是非一度お試しくださいね。

では、今宵も桜新町でゆるりとお待ちしております。

BAR RAPPORT(バー・ラポート)軍司