新入荷シングルモルトスコッチ 『エイコーンNMS キャパドニック1992 21年』

こんばんは。

昨日、今日と気温もほどほどで過ごしやすい一日でした。

昨日は風も強くなく、遠出するには絶好のサイクリング日和でした。

前回は昭島まで往復70キロでしたが、その先の福生市を超えて羽村市まで行ってみました。

往復で93キロ。

おしいっ。後7キロ。次回は記録更新狙います。

本日ご紹介するウイスキーは、シングルモルトスコッチ。

エリアはスペイサイド地域のローゼスという、狭い街中にある蒸留所。

向かいに建つ「グレングラント」蒸留所の第二蒸留所とされ、殆どがシーバスリーガル

などのブレンド用に生産されていたようで、グラントに比べると個性は穏やかな印象。

今回はエイコーンさんのオリジナルボトリングのシリーズ「ナチュラル・モルトセレクション」

からのリリース。

エイコーン ナチュラル・モルトセレクション キャパドニック1992 21年

IMG_1145

柑橘や乳酸系の香り、ジンジャーやマーマレードの香りなど、フルーツ香が詰まった

印象ですね。

ドライフルーツの甘味から穏やかな酸味、樽の渋みが広がります。

度数が高いわりに甘さがあるので、それほどアルコールのアタックはきつくないと思います。

少し加水してあげると、また甘味や渋み、かくれたスモーキーさが顔をだすことで

違うテイストを楽しめるかと思いますよ。

是非、一度お試しくださいね。

では、今宵も桜新町でゆるりとお待ちしております。

BAR RAPPORT(バー・ラポート)軍司