新入荷シングルモルト 『カリラ1993 21年 信濃屋&BAR CAOLILA』

こんばんは。

ノラ・ジョーンズの新譜が届き、オープン前からひたすら聞いてます。

今回はピアノメインでかなりジャジーな仕上がりですね。

ファーストのゆるゆるカントリージャズから最近まで徐々にポップテイスト

が強くなり、本人もギター弾いちゃったり・・・

からの原点回帰てやつですかね。

4年くらい前にライブもそうでしたが、やはり彼女にはピアノがピッタリかと。

ウェインショーターも参加してたり、でもガチガチのジャズでは無く

ノラぽい?ゆるさもありいい感じ。

お店でヘビロテしてると思いますが、気になる方はスタッフにお声かけて下さいね。

では、本題です。

信濃屋さんのプライベートボトリング。今回はBAR CAOLILAさんとの

ジョイントボトルの第3弾がリリースされました。

限定285本です。

最近は20年オーバーのアイラモルトも少ないですし、価格も上がってきています。

1993VTはボウモア、ラフロイグの当たり年と言われていて、人気のヴィンテージ。

カリラ1993 21年 信濃屋&BAR CAOLILA

IMG_2134

香りは海辺のたき火、タール、カリラに珍しい薬品臭。

広がりは重く複雑なピート&スモーク。プラムやドライアプリコット、レーズンや

メイプルシロップ、ややナッティでオイリー。

フィニッシュは非常に長く、ホットでパワフルなピート&スモーク。徐々に塩辛さが強くなる。

他のカリラでは味わうことの少ない、野性的なフレイバーを兼ね備えた複雑な仕上がり。

大変、好評頂いております。

是非、無くなる前に一度お試しください。

では、今宵も桜新町でゆるりとお待ちしております。

BAR RAPPORT(バー・ラポート)軍司