新入荷シングルモルト 『インストゥルメンタル・ソロ ラフロイグ1997 18年』

こんばんは。

今年の営業も3日となりました。

今日で御用納めの方も多いかと思います。

早い時間から納会でお飲みになっていることと思います。

年末恒例の「比内地鶏のきりたんぽ」のお椀が始まっております。

30日までの限定です。

是非、お試しくださいね。

では、本題です。

本日ご紹介するウイスキーは、

信濃屋さんプライベートボトリングのフラグシップシリーズである

インストゥルメンタル・ソロ・セレクション。

6部完結の第5弾として、ラフロイグの登場です。

94年にはチャールズ皇太子より王室御用達許可書を賜ったとか。

現在は原酒不足もあり2000年代原酒ですら、流通が減っています。

この97年は99年と同様で非常に流通量が限られているそうで、シグナトリー

BBR、ダンカンテイラーから一部リリースされた程度だそうです。

97VTは18年という区切りを迎えた中期熟成で、2000年代では味わえない

ピートとトロピカルフルーツが融合したテイストだとか・・・

期待値が高まりますね。

インストゥルメンタル・ソロ・セレクション ラフロイグ1997 18年

img_2594

ヨード、薬品系のピートとアンチョビやピンクグレープフルーツ、メロンやオレンジピールの香り

口に含むとバニラ、熟したアプリコットやバナナ、奥からグァヴァやマンゴーのトロピカル

フルーツ

フィニッシュは非常に長く、タールや革製品、、ピートの煙。

ここ最近入手難しくなってきている、ラフロイグ。

是非、一度お試しくださいね。

では、今宵も桜新町でゆるりとお待ちしております。

BAR RAPPORT(バー・ラポート)軍司