新入荷シングルモルト 『アードベッグ アン・オー』

こんばんは。

冷たい秋雨で急に冷え込んできましたね。

しばらくは雨が続きそうですし、気温も下がる予報のようです。

昨日の気温を考えると、中々衣替えしづらいのですが・・・

そろそろコートなど、1枚羽織るものが必要な時期かもしれませんね。

そして涼しくなると急に動きだすハードリカー。

ウイスキーやブランデーなど茶色のお酒がよく出ます。

ということで本題に入ります。

本日ご紹介するウイスキーはシングルモルトスコッチ。

お好きな方も多いアイラ島のウイスキーで、6月くらいにリリースされた

「ケルピー」もあっという間に無くなってしまいました。

「アン・オー」とはアイラ島の最南端にあるマル・オブ・オー(オー岬)が由来のよ

うです。岬の崖が長年の風雨により丸みを帯び、大西洋の荒波と入江が出会う

荒々しさと穏やかさが同居するその地形をイメージして造られた「アン・オー」。

ペドロヒメネスのシェリー樽、内側をチャーした新樽、ファーストフィルの

バーボン樽の3種類で熟成した原酒をヴァッティングさせたボトルで来春くらいには

スタンダードに加わるようです。

アードベッグ アン・オー

まろやかなスモーキーさと林檎の木を燃やしたような香り。トフィーやアニスシード

クリーミーな蜂蜜や桃やバナナの瑞々しい果実香。

滑らかでクリーミーな質感。シロップやミルクチョコレートのような甘さ。

オレンジや紅茶の葉、ナツメグやシナモンなどの甘いスパイスが広がる。

ウッディさとナッティさ、甘いフローラルが長く続き余韻はアニスシードや

ヒッコー、スモークが残る。

テイスティングノートからも今までのアードベッグにない、複雑な香りや

味わいが期待できそうですね。

是非、ボトラーズなどの他のボトルと飲み比べてみてくださいね。

では、今宵も桜新町でゆるりとお待ちしております。

BAR RAPPORT(バー・ラポート)軍司

 

新入荷シングルモルト 『グレンロッシー1992 24年』

こんばんは。

久しぶりに気持ちいい秋晴れでしたね。

連休はお出かけされた方も多かったのではないでしょうか。

昨日は池上線が一日乗り放題だったようで・・・

戸越銀座のあたりは多くの人で賑わっていたようです。

では本題です。

本日ご紹介するウイスキーは、シングルモルトスコッチ。

ボトラーズの中でもストックの保有数がトップクラスの一つである

シグナトリーヴィンテージ社と信濃屋とのプライベートボトリング

になります。

ブレンデッドスコッチの「ヘイグ」や「デインプル」にも主要モルト原酒

として供給している蒸溜所で、非常にフルーティなスペイサイドモルトとして

評価されています。

今回はモルト愛好家にも高評価の92年ヴィンテージということで

期待値も高まりますね。

グレンロッシー1992 24年

シトラスやバニラ、白い花や桃の香り。シャルドネの白ワインやミネラル

ビスケットの甘い香り。

口に含むとオレンジ、パイナップル、キウイフルーツ、ハチミツレモンキャンディ

フィニッシュはハーブやジンジャー、ホワイトペッパーのパイシーさ。

フルーツの香りと味わいがたっぷり感じられますが、加水した方が

よりフルーツ感が広がると思いますよ。

是非、一度お試しくださいね。

では、今宵も桜新町でゆるりとお待ちしております。

BAR RAPPORT(バー・ラポート)軍司

新入荷ラム 『ラ・マニー エリタージュ 1749 ポートフィニッシュ』

こんばんは。

9月もそれほど残暑を感じることもなく過ぎ、10月に入ると

急に冷え込みが増してきましたね。

朝晩と日中の気温差が激しく、体調を崩しやすい時期ですので

皆さんもお気をつけくださいね。

では本題に入ります。

久しぶりにラムのご紹介です。

フランス海外県のマルティニーク島にある、ラ・マニー蒸留所

からのリリースです。

初代ガンダムの中でシャア・アズナブルが飲んでいたラムなどと

ネットに載ってますよね。

確かガルマ・ザビの屋敷でお酒を飲むシーンがあって、ブランデーグラスで

飲んでいたような・・・

オーク製の大きなタンクで18ヶ月熟成し、ルビーポートワインの古樽で

数ヶ月フィニッシュされています。

ラ・マニー エリタージュ 1749 ポートフィニッシュ

ポート樽フィニッシュでは、かなり甘ったるい仕上がりになっているのでは

と懸念される方も多いと思いますが・・・

甘すぎることもなく、香りもフルーティでボディの厚みもしっかりと

した仕上がりになっています。

是非、一度お試しくださいね。

では、今宵も桜新町でゆるりとお待ちしております。

BAR RAPPORT(バー・ラポート)軍司