新入荷グラッパ 『ポーリ・ポイヤック2007』

こんばんは。

台風の影響か蒸し暑い日が続いてますね。幸い関東はそれほでも

なかったのでホッとしているところです。

さて昨日から甲子園が始まりましたね。

昨年優勝した作新学院が初戦で敗れるという幕開け。

気にかけていた松商学園は数年前の健大高崎を思い出すような

機動力野球で快勝。

暑い中必死に白球を追いかける姿は、涙を誘いますね・・・

では本題です。

久しぶりにグラッパのご紹介です。

1898年に創業され家族経営を続けるグラッパメーカーの「ポーリ」社は

グラッパの聖地ヴェネト州バッサーノ・デル・グラッパ近郊のスキアヴォンに

あります。

グラッパ歴史上初と騒がれているのは、フランスのポイヤックにある5大シャトーの

一つ「シャトー・ラフィット」のヴィナッチャ(絞りかす)を使用しているらしい

との理由からです。

熟成は半分がシャトーからの樽で、もう半分は同メーカーから仕入れた樽を使用し

8年の熟成を経ています。

ポーリ・ポイヤック2007

マジパンやリコリス、蜂蜜やバニラ、カモミールなど

赤系果実の熟れたアロマ。

複雑でしっかりした味わいが特徴。

是非、一度お試しくださいね。

では、今宵も桜新町でゆるりとお待ちしております。

BAR RAPPORT(バー・ラポート)軍司