新入荷シングルモルト 『オールドパティキュラー グレンロセス2005 12年

こんばんは。

今日はかなり冷え込んだ1日でしたね。

本格的に冬到来、ヒートテック必須、むしろ極暖必須な私。

皆さんも体調には気をつけましょうね。

昨日、伺ったミュージックBARで久しぶりに「戦場のメリークリスマス」や

山下達郎の「クリスマス・イヴ」を聴いたのですが、いい音響で聴くとまた一味

違うなぁと思いました。

あまりクリスマスソングは流さないのですが、時々はいいのかな・・・

なんて思いました。ま、クリスマス前後は絶対流しませんけど(笑)

では、本題です。

本日ご紹介するウイスキーは、シングルモルトスコッチ。

スペイサイドに位置する蒸留所で、カティサークやフェイマスグラウスなどの

ブレンデッドスコッチのキーモルトに使用されています。

数年前に朝の連ドラで話題にもなった、ニッカウイスキーの創業者である

竹鶴政孝がウイスキーの製法を学んだ蒸留所の一つとしても知られています。

今回は、ダグラスレイン社がボトリングするシリーズ「オールドパティキュラー」

からのリリースです。

オールドパティキュラー グレンロセス2004 12年

コクのあるチョコレートやレーズン、スパイスやイチジクの香り。

味わいはシェリーの甘さにクリーミーな口当たり、スパイシーさと生姜。

フィニッシュは胡椒などのスパイス、オーク樽の風味、フランベした

オレンジ。

度数がかなり高いのですが、心地よいシェリー樽の甘さがアルコール

を優しく包んでくれているように感じます。

時間をかけてゆっくりと楽しんで頂きたいですね。

少し加水するのもありかと・・・

是非、一度お試しくださいね。

では、今宵も桜新町でゆるりとお待ちしております。

BAR RAPPORT(バー・ラポート)軍司