新入荷シングルモルト 『キングスバリー ブナハーブン1997 19年』

こんばんは。

先週末はバタバタする時間があり、お客様には大変ご迷惑をおかけ

しまして、申し訳ありませんでした。

週末中よく話題になっていた、バルサから神戸に移籍したイニエスタ。

ポドルスキーにイニエスタって・・・さすが楽天。

等々力競技場に久しぶりに観戦しに行きたくなりました。

では、本題です。

本日ご紹介するウイスキーはアイラ島のシングルモルトスコッチです。

スコットランドのアバディーンにある瓶詰め業者、キングスバリー社が

ボトリングするシリーズ。

最近お気に入りのゴールドラベルシリーズ、厳選された樽から加水なしで

ボトリングされます。

今回はミドルレンジのブナハーブン、期待値が上がりますね。

キングスバリー ブナハーブン1997 19年

テイスティングノートより

繊細なローズを伴ったアロマが香り、口に含むとふくよかな甘さが広がる。

フローラルな香りが続き、ヘザーや糖蜜、ドライフルーツが感じられる。

フィニッシュは繊細な香りが長く続く。

繊細で綺麗に仕上がったブナハーブンを楽しめそうですね。

是非、その他のボトラーズとも飲み比べて頂きたいと思います。

では、今宵も桜新町でゆるりとお待ちしております。

BAR RAPPOR(バー・ラポート)軍司

新入荷カルバドス 『シャトー・ド・ブルイユ17年』

こんばんは。

最近20代のお客様とファッションの話になり、うちのスタッフも20代

なのですが、洋服の買い方も多様化しているような気がしました。

お気に入りのブランドなどはサイズ感が分かっていれば、ゾゾタウンなど

のネットでも購入するようなんですね。

私自身は、商品を実際みてフィッティングしてみないと不安なので

安く購入したい時はファミリーセールなどに足を運ぶことが多いんですよね。

ま、百聞は一見に如かずなのでトライしてみようかな・・・と。

では、本題です。

久しぶりにカルバドスのご紹介です。

ノルマンディーのペイドージュにある由緒あるシャトーである

シャトー・ド・ブルイユは数百種類ものリンゴを使い、

昔ながらの伝統的な製法で生産されています。

定番の15年は、フランスの格式高いレストランや5つ星のホテルなどで

ハウスカルバドスとして提供されています。

ャトー・ド・ブルイユ17年

テイスティングノートより

りんご由来の甘味のある酸味、綿菓子やアールグレイ、
空気と混ざり合うとビターチョコレートやウッディさが出てくる。

口に含むとカスク由来の力強いアタック、アップルパイ、ビターなシードル、    ブラウンシュガー等複雑な味を作り出す。

フィニッシュは、りんごの焼き菓子を食べた後の様な香ばしく甘いニュアンス
やウッディ、苦味が長く続く。

リンゴの甘酸っぱさだけでなく、苦味やカスクストレングスらしい

ボリュームが感じられそうです。

前回の信濃屋プライベートボトリングもありますので、是非飲み比べ

してみてくださいね。

では、今宵も桜新町でゆるりとお待ちしております。

BAR RAPPORT(バー・ラポート)軍司

新入荷シングルモルト 『G&M ロングモーン2003 14年』

こんばんは。

昨日は研修ということでお休みを頂きまして、お客様には

ご迷惑をおかけしました。

月一で開催している、同業の同世代オーナーだけの試飲会。

今回も古めのブレンデッドスコッチから、リキュールなど

数本仕入れました。

70年代や80年代に流通していたお酒ですが、かなりリーズナブルな

価格で提供してますので、詳しくはスタッフにお尋ねください。

仕入れたお酒の情報は、またブログでご紹介していきたいと思います。

では、本題です。

本日ご紹介するシングルモルトスコッチウイスキーは、

スペイサイド地域の蒸留所で、知名度こそ高くはないかも

しれませんが、ブレンダーの間では評価が高く「マッカラン」や

「グレンファークラス」に並ぶトップ・ドレッシングとなっています。

オフィシャルボトルはバニラやラムレーズンのような甘く華やかな香りに

ドライでスパイシーな味わいが特徴です。

G&M ロングモーン2003 14年

繊細なシェリーの香りに洋ナシ、ブラックベリーやアップルパイ。

バニラやトフィー、リンゴやチョコにスパイシーでクリーミーな味わい。

洋ナシやバナナ、ライムなどの香りが余韻に広がる。

オフィシャルの良さを残しながらも、新しい風味がありそうですね。

是非、一度お試しくださいね。

では、今宵も桜新町でゆるりとお待ちしております。

BAR RAPPORT(バー・ラポート)軍司