新入荷カルバドス 『シャトー・ド・ブルイユ17年』

こんばんは。

最近20代のお客様とファッションの話になり、うちのスタッフも20代

なのですが、洋服の買い方も多様化しているような気がしました。

お気に入りのブランドなどはサイズ感が分かっていれば、ゾゾタウンなど

のネットでも購入するようなんですね。

私自身は、商品を実際みてフィッティングしてみないと不安なので

安く購入したい時はファミリーセールなどに足を運ぶことが多いんですよね。

ま、百聞は一見に如かずなのでトライしてみようかな・・・と。

では、本題です。

久しぶりにカルバドスのご紹介です。

ノルマンディーのペイドージュにある由緒あるシャトーである

シャトー・ド・ブルイユは数百種類ものリンゴを使い、

昔ながらの伝統的な製法で生産されています。

定番の15年は、フランスの格式高いレストランや5つ星のホテルなどで

ハウスカルバドスとして提供されています。

ャトー・ド・ブルイユ17年

テイスティングノートより

りんご由来の甘味のある酸味、綿菓子やアールグレイ、
空気と混ざり合うとビターチョコレートやウッディさが出てくる。

口に含むとカスク由来の力強いアタック、アップルパイ、ビターなシードル、    ブラウンシュガー等複雑な味を作り出す。

フィニッシュは、りんごの焼き菓子を食べた後の様な香ばしく甘いニュアンス
やウッディ、苦味が長く続く。

リンゴの甘酸っぱさだけでなく、苦味やカスクストレングスらしい

ボリュームが感じられそうです。

前回の信濃屋プライベートボトリングもありますので、是非飲み比べ

してみてくださいね。

では、今宵も桜新町でゆるりとお待ちしております。

BAR RAPPORT(バー・ラポート)軍司