新メニュー 『鮎のコンフィ』

こんばんは。

昨日の代表戦はご覧になられた方も多かったと思います。

終わり間際の戦術には賛否あると思いますが、何はともあれ決勝トーナメント

に進めて良かったのではないでしょうか。

お店の営業的にはかなり影響ありますけど・・・汗

では本題です。

毎年恒例のメニューが追加されました。

鮎を塩漬けにして低音の油で時間をかけて煮込みます。

骨や頭まで柔らかくなっていますので、一匹丸ごと食べられますよ。

鮎コンフィのグリル ルッコラ添え

お好みでレモンを絞って召し上がってください。

ルッコラとの相性もいいですよ。

旬の鮎を是非お試しくださいね。

では、今宵も桜新町でゆるりとお待ちしております。

BAR RAPPORT(バー・ラポート)軍司

新入荷シングルモルト 『ケイデンヘッド インチマリン1996 20年』

こんばんは。

昨日はお休み頂きまして、自宅の大掃除から始まり

深夜のサッカー観戦とゆっくり朝まで過ごしました。

最大瞬間視聴率30%以上だったようで、各地で盛り上がったようです。

惜しい!でも後1点が遠い・・・

全ては明後日のポーランド戦ですね。グループリーグを突破すると

順位によりますが、ベルギーかイングランドになりそうな展開。

どちらにしても厳しそうですが楽しみですね。

本日ご紹介するシングルモルトスコッチウイスキーは

ハイランドに位置するローモンド湖の名前からとった蒸留所が

造るウイスキーです。

以前にもご紹介しましたが、蒸留所は「ロッホ・ローモンド」で

生産されているウイスキーが『インチマリン』で、ローモンド湖に

浮かぶ島の名前からついた名前だそうです。

今回はスコットランド最古のボトラーといわれている、ケイデンヘッド社の

通称「黒ケイデン」というシリーズから信濃屋のブライベートボトリング

のリリースです。

96年ヴィンテージは良質なものが多いとか、昨今の長熟リトルミルの

ようなフルーティな味わいに仕上がるとか・・・

ケイデンヘッド インチマリン1996 20年 for信濃屋

テイスティングノートより

スイートコーンや茹でたトウモロコシ、マッシュポテトやアーモンドオイル

干し草など。

口に含むとレモンスカッシュ、グレープフルーツトニック、ミントキャンディー、

洋梨や桃の缶詰、徐々にジンジャーのスパイス。

フィニッシュは樹液、レモングラス、ホワイトペパーが程よく続く。

最初の香りからは想像しがたい、フルーツフレーバーに驚かされそうですね。

そこにリトルミルを想像させるのかもしれません。

是非、90年代ローテーションと一緒に飲み比べしてみてくださいね。

では、今宵も桜新町でゆるりとお待ちしております。

BAR RAPPORT(バー・ラポート)軍司

新入荷オールドブレンデッドスコッチ 『ホワイト&マッカイ21年』

こんばんは。

最近伺った話で面白かったのがビタミンDのこと。

魚とかで摂取可能ですが、現代の食生活が肉主体になり不足しがちに

なっているとか。一番の原因は日焼け止めのようです。ビタミンDは日に当たること

でも体内に生成されるのですが、女性は特に日焼け止めなどで不足するらしいです。

食べ物だと乾燥した野菜、例えば乾燥しいたけとかが多く含んでいるそうです。

海外では市販の牛乳などにビタミンDを混ぜて販売しているようです。

面白いなと聞きいってましたが、最近は健康ネタの話が増えてきた気がする

のは年齢を重ねたからなんですかね(笑)

では、本題です。

久しぶりにオールドのブレンデッドスコッチウイスキーの入荷です。

「ダルモア」「フェッターケアン」「トミントール」「フルイックラディ」

「タリバーディン」「ジュラ」など35種類以上のモルト原酒をヴァッティング

され、「ダブルマリッジ」という方法を取り入れて生産されます。

先ずはモルト原酒をヴァッティングしシェリーバットで熟成させる、これが

ファーストマリッジ。その後グレーン原酒をブレンドし再度シェリー樽で

追熟させるセカンドマリッジ、これにより深みのある独特のフレーバーと

味わいが生まれるそうです。

80年代ローテーション オールドブレンデッド ホワイト&マッカイ21年

とてもエレガントで熟成感もあり、シェリー樽由来の心地良い甘みが

深みを感じさせてくれると思います。

飲み方はお好みですが、個人的には加水をおすすめします。

是非、無くなる前に一度お試しくださいね。

では、今宵も桜新町でゆるりとお待ちしております。

BAR RAPPORT(バー・ラポート)軍司