新入荷シングルモルト 『90年代ローテーション インチマリン12年』

こんばんは。

ここ何日か雨続きで、やっと気持ちよく晴れた1日でしたね。

来週からは梅雨入りするとかしないとか・・・

水曜日の代表戦、ご覧になられた方も多いと思います。

ネットではかなり色々な意見が飛び交ってますね。

私もサラッとしかみてませんが、もっと積極的に攻めてシュートで終わる

姿が見たいですね。まだまだ連携不足なんですかね?

W杯代表メンバーも決定し、こちらも色々な意見があると思います。

是非、皆さんのご意見を伺いたいのでお待ちしております。

では、本題です。

本日ご紹介するウイスキーは、シングルモルトスコッチウイスキーです。

20年くらい前に流通していたオールドボトルで、蒸留所は「ロッホ・ローモンド」

この蒸留所では「インチマリン」と第二ブランドの「オールド・ロスデュー」が

生産されているようです。

ポットスチルにはコラムという装置が付けられていて、その変形スチルのが

タイプの異なる複数のウイスキーを生産できることに繋がっているようです。

90年代ローテーション インチマリン12年

ローランド地方の「リトルミル」蒸留所と同じような蒸留機の形から

同じようなテイストを想像できるようですが・・・

濡れたダンボール(ユーカリ油)?と聞くと抵抗があるかもしれませんが

マイナスな香りは無く、柔らかくハニー、心地よいシリアル感。

現行品とはまた違うテイストが楽しめるかと思いますよ。

では、今宵も桜新町でゆるりとお待ちしております。

BAR RAPPORT(バー・ラポート)軍司