新入荷シングルモルト 『アードベッグ グルーヴス』

こんばんは。

今日も暑い1日でしたね。

今朝のニュースで安室奈美恵ツアーファイナルを目にしました。

青春時代から見てきて、熱狂的なファンでなありませんが

「25年間ありがとうございました。」のシーンではグッとくるものが

ありました。チケットが取れず音漏れを期待してドームの外にいるファンの中

には、少しでも耳にしたいのか聴診器まで持参する人も。

以前特集でも見ましたが、完全にMC無しでパフォーマンスを重視する

ストイックな姿勢に、こういうライブの型もありなんだなと驚かされました。

離婚して一段と綺麗になり、男女問わず魅了するスタイルはとてもカッコイイ

なぁと・・・辞めるときくと寂しいですね。

では、本題です。

本日ご紹介するシングルモルトスコッチウイスキーは、アイラ島の中でも

個性的な香りでファンを魅了する「アードベッグ」蒸留所です。

「アードベッグ・デー」として毎年この時期に新しいボトルがリリースされ

話題になるのですが、今年のテーマは「ラブ&ピース」ならぬ「ラブ&ピート」

だそうです。

木の表面までしっかり跡がつくほど焦げ付かせたワイン樽で熟成させた、

ラベルデザインも今までとは違う、目を引くカラーリングになってます。

アードベッグ・グルーヴス

テイスティングノートより

力強いピートにスモークしたシナモンパプリカ、レザーやソープのアロマ。

潮の香りに焚き火、チリパウダーで香りづけした肉。

加水すると、ラベンダーやソープのアロマ、挽きたての白胡椒、コリアンダーと

ミントの葉を合わせたようなフレッシュでフローラルな香り。

味わいは強い塩味と糖蜜のトフィー、バニラ風味のポップコーンに洋梨やリンゴの

フルーツの甘さ、スモーキーなバーベキュー。

フィニッシュはメロウな甘さとともにスモークしたパプリカと焚き火が広がる。

ただスモーキーなだけではなく、パヒュームやフルーツ、フローラルさなど

様々な香りや味わいが複雑に感じられそうな雰囲気ですね。

是非、一度お試しくださいね。

では、今宵も桜新町でゆるりとお待ちしております。

BAR RAPPORT(バー・ラポート)軍司