新入荷シングルモルト 『G&M レダイグ1994 23年』

こんばんは。

台風の影響で九州や四国、北海道は大変なことになっているようですね。

被害が大きくならなければ良いのですが・・・

週末にかけての雨の予兆か、湿度が高い一日でした。エアコンの使いすぎ

などで体調を崩さないようにお気をつけくださいね。

話は変わりますが、私は寝不足覚悟でサッカーとウインブルドン観ましたよ。

フェデラーは流石のプレーでしたし、錦織圭や大阪なおみも順当に勝ちました。

今後のプレーに期待したいですね。

では、本題です。

本日ご紹介するシングルモルトスコッチウイスキーは

スコットランドの周りにある島、アイランズモルトの一つです。

スカイ島とジュラ島の中間に位置する”マル島”の玄関口にある

トバモリー村の港に面して建てられている「トバモリー」蒸留所の

セカンドブランド的な「レダイグ」。

今回は関東の二つの有名店が樽を選び、G&M社が瓶詰めするコラボレーション

ボトリングだそうです。

レダイグは1981~1993まで操業休止していた為、今回のヴィンテージは

現存する原酒の中でも古く、貴重なストックになるとのこと。

G&M エクスクルーシヴラベル レダイグ1994 23年

テイスティングノートより

バニラの香りからトロピカルフルーツ、柑橘フルーツから麦芽の甘い香りに。

口に含むと、クリーミーでペッパー、キウイフルーツやバナナのフレイバー

からライムの皮。

フィニッシュは長く、ペッパーのスパイス感。

フルーツフレーバーのあるレダイグは珍しいかもしれません。

今ある他のボトルもやや香りが強めで、アイラぽい印象を受けると思います。

是非、飲み比べしてみてくださいね。

では、今宵も桜新町でゆるりとお待ちしております。

BAR RAPPORT(バー・ラポート)軍司