新入荷シングルモルト 『キングスバリー グレンロッシー1997 20年』

こんばんは。

ここ2日くらい涼しい?日が続いてますね。

とはいえ、30度前後はありますが・・・

もう感覚が麻痺しつつあるのかもしれません。

台風予報の話で持ちきりですが、進路は関東から少し外れるようですね。

とはいえ、今日の深夜から明日は一日雨のようですし、静かな週末になりそうな

気がします。

どうなるか分からない天気のことを気にしても仕方がないので、いつもどおりの

空間を維持しながらお待ちしておりますので、お足元に気を付けて

お出かけくださいね。

では、本題です。

本日ご紹介しますシングルモルトスコッチウイスキーは、スコットランドは

スペイサイド地域にある蒸留所です。

ここ最近お気に入りで、ハズレが少ないシリーズ。

キングスバリー社が瓶詰めする樽出しシリーズのゴールドラベル。

ベンリアックやロングモーンの近くに位置し、ブレンデッドウイスキーの

ディンプルやベルの主要モルトとして使われます。

前回は随分前に、シグナトリー社のカスクストレングスを入荷しましたが

非常にフルーティで好評でした。

中々ボトラーズでのリリースが見られませんので、是非ご期待ください。

キングスバリー ゴールドラベル グレンロッシー1997 20年

テイスティングノートより

麦芽とビスケットのニュアンス、奥からハチミツやバニラ。

酸味を伴うすももの味わい、フルーツキャンディ、バニラやハチミツ。

ジンジャーのスパイスやキャラメリゼしたバナナなど・・

アーモンドオイルのようなオイリーさ、スムースな後味だがスパイシーさも。

樽の僅かな渋みが心地よく続く。

以前のような柑橘フルーティという感じではなさそうですが、バーボン樽らしさ

とフルーツのニュアンスが良く出ていそうですね。

是非、一度お試しくださいね。

では、今宵も桜新町でゆるりとお待ちしております。

BAR RAPPORT(バー・ラポート)軍司