新入荷ブレンデッドスコッチ 『80年代流通ウインザー・キャッスル』

こんばんは。

12月も残すところあとわずかですね。

祝日の24日はお休みを頂きまして、店内の大掃除をしました。

普段から気をつけてはいても、中々隅々まではできないところも・・・

仕込みも抜かりなく終わらせ、先週金曜から始まった毎年恒例の

「比内地鶏ときりたんぽ」のお椀も好評頂いております。

是非、飲んだ最後の〆に召し上がってくださいね。

では、本題です。

本日ご紹介するウイスキーはブレンデッドスコッチ。

メジャーな銘柄では無いかもしれませんが、オールド・パーの製造元の

姉妹会社が製造しています。

オールド・パー同様にハイランドモルトの中でも個性の柔らかいモルト

をブレンドしているようで、グレン・ダランが核となっているとのこと。

松坂屋のオリジナルブランドとして販売され、日本以外の国では販売され

なかったようです。

80年代ローテーション ウインザー・キャッスル

オールド・パーに比べると辛口ということになっていますが・・・

膨よかな甘みが先行し滑らかな口当たりですね。

加水すると華やかな甘みが感じられ、非常にスムースで

スイスイと飲み進めてしまいます。

水割りは勿論、ロックなどでも良いと思います。

是非、一度お試しくださいね。

では、今宵も桜新町でゆるりとお待ちしております。

BAR RAPPORT(バー・ラポート)軍司

 

新入荷シングルモルト 『ハンターレイン OMC グレンロセス2005 12年』

こんばんは。

本日ご紹介するウイスキーは、シングルモルトスコッチウイスキーです。

旧ダグラスレイン社がボトリングしていた人気シリーズ。

現在はハンターレイン社が引き継ぎリリースしています。

スペイサイド地域に位置し、98%がカティサークやフェイマスグラウスなどの

ブレンデッドスコッチに供給され、原酒としての評価が高い蒸留所です。

ニッカウヰスキーの創業者である竹鶴政孝氏がウイスキー造りを学んだ蒸留所の

一つとしても知られています。

今回は日本に180本のみの入荷となっています。

ハンターレイン OMC グレンロセス2005 12年

テイスティングノートより

熟したイチジク、ダークチョコレートやキャラメルのような香り。

程よい甘さとオレンジのニュアンス、キャラメルの風味が広がる。

穏やかなスパイスを伴った長いフィニッシュ。

カラーリングはしっかりとシェリー樽の影響を受けていそうですが、シェリー

樽のえぐみなどは無く、心地良い飲み心地に仕上がっていると思います。

是非、一度お試しくださいね。他のボトルもありますので、飲みくらべも

楽しいと思いますよ。

では、今宵も桜新町でゆるりとお待ちしております。

BAR RAPPORT(バー・ラポート)軍司

新入荷ブレンデッドウイスキー 『ザ・ラッキーキャット メイ』

こんばんは。

本日ご紹介するウイスキーは、ジャパニーズブレンデッドウイスキーです。

本坊酒造が鹿児島のマルス津貫蒸留所で造るブレンデッド・ウイスキーで、

ラベルはエキセントリックで甘えん坊な雌猫”メイ”の写真が印象的な

デザインになっています。

今回で第四弾になるシリーズもので、梅酒の熟成に使用した空き樽で

フィニッシュさせた珍しいボトルです。

ザ・ラッキーキャット メイ

テイスティングノートより

フレッシュな青梅を想わせる香りと、ライトな口当たりで甘さやほろ苦さを

併せ持つ味わい。

是非、一度お試しくださいね。

では、今宵も桜新町でゆるりとお待ちしております。

BAR RAPPORT(バー・ラポート)軍司