新入荷ブレンデッドスコッチ 『80年代流通 オールド・ベル20年』

こんばんは。

暑い日が続いてますが、久しぶりにカラッとした秋晴れのような一日でしたね。

甲子園も終盤に差し掛かり、目が離せないカードの毎日です。

今日は地元秋田の金足農業と横浜の対戦。

横浜のピッチャーもかなりいいですし、守りも堅実。

初回に先制され、どうなるか不安でしたが・・・

ピッチャーの吉田くんが自ら2ランで振り出しに戻し、勢いに乗りたい

ところを逆に打ち込まれ、2点を追うピンチ。

8回の裏ノーアウト1、2塁で送りバント失敗。嫌なムードが漂います。

その直後、ファーストの高橋くんの初球に対する逆転3ランホームラン。

奇跡です。

そして最終回、3人のバッターを全て三振で抑えてゲームセット。

かなり吉田くんを研究してきているのか、今日は12安打と打ち込まれました。

次の試合も厳しい試合になると予想されますが、是非頑張って欲しいです。

では、本題です。

本日ご紹介するウイスキーは、ブレンデッド・スコッチウイスキー

のオールドボトルです。

キーモルトはダフタウン、インチガワー、ブレアアソールのようで

香りは強くなく、華やかでフルーティな印象のモルトでしょうか・・・

以前にも若いボトルを扱ったことがありますが、甘みが豊かで

優しい味わい、水割りで香りが伸びてくる感じでした。

是非、ご期待ください。

80年代ローテーション ベル20年

とてもスムースでエレガント、コクがあり上質なシェリー感があります。

シリアル感もありますが、ドライレーズンのような甘みが心地よく

残ります。

是非、無くなる前に一度お試しくださいね。

では、今宵も桜新町でゆるりとお待ちしております。

BAR RAPPORT(バー・ラポート)軍司