新入荷シングルモルト 『ザ・ダンス グレンロセス1989 27年』

こんばんは。

昨日の代表戦、ランキングでは格下でしたが今後も期待できそうな

楽しい試合でしたね。

開始2分弱で決めた1点目は素晴らしいパスワークでした。

終始ボールを支配し、途中交代で出た前線の選手達のプレーに

ワクワクさせたられた試合でした。

やはり一押しは中島ですね。ボールを持つと何をしてくれるのか期待値が

上がります。南野、堂安も面白いですよね。

この調子でアジアカップも興奮する試合を期待したいと思います。

では、本題です。

本日ご紹介するウイスキーは、シングルモルトスコッチウイスキーです。

スリーリバーズさんの人気シリーズ「ザ・ダンス」はラベルに様々なダンス

がデザインされているのが特徴で、バックバーでも一際目立つボトルです。

今回の26弾はソーシャルダンス(社交ダンス)がデザインされ、27年の長期

熟成によりフルーティな仕上がりになっているようです。

スペイサイド地域に位置する蒸留所、「グレンロセス」はブレンデッド・スコッチ

の原酒としても評価が高く、”カティサーク”や”フェイマス・グラウス”などに使用され

ニッカウヰスキーの竹鶴政孝氏がウイスキーの製法を学んだ蒸留所としても知られて

います。

188本だけのリリース、多少お値段は張りますが是非ご期待ください。

ザ・ダンス グレンロセス1989 27年

テイスティングノートより

完熟した梨やミラベル、アップルタルト、ソフトなミントの香り。

口に含むとフルーティで暖かくバニリン。洋梨のコンポートやバナナ

アマレットを思わせる味わい。

フィニッシュはジンジャーやクローブのスパイスがビターな余韻と

長く続く。

フルーツ感が詰まったグレンロセスは久しぶりな気がします。

是非、一度お試しくださいね。

では、今宵も桜新町でゆるりとお待ちしております。

BAR RAPPORT(バー・ラポート)軍司

フードメニュー追加 『北海道産鱈の白子のフリット』

こんばんは。

11月も後半に差し掛かり、そろそろ早めの忘年会が始まる頃でしょうか。

最近は、11月に忘年会を予約すると早割のような値引きや特典があるとか。

忘年会シーズンは住宅街にあるBARは何となく静かなイメージです。

やはり大箱のお店で宴会をしますし、4、5人くらいまででしたらご案内も

可能ですが、大人数となると厳しいのが現状です。

これから少し静かな日がポツポツあるかと思いますので、ゆっくりと

仕事の飲みや騒がしい場所での疲れを癒しにいらして頂けたら幸いです。

では、本題です。

冷え込みも本格的になってきて少しづつ冬のメニューも加えていきたいと

思います。

毎年この時期にお知らせしているメニューの一つが「北海道産の鱈の白子」

ムニエルやパスタなどでもお出ししますが、やはり人気はフリットです。

北海道産 鱈の白子のフリット

外はカリッと中はふわトロな食感。

ピンクペッパーのアクセントに、お好みでレモンを絞ったり

ルッコラと合わせたり。

この時期だけのメニューですので、是非お試しくださいね。

では、今宵も桜新町でゆるりとお待ちしております。

BAR RAPPORT(バー・ラポート)軍司

新入荷スピリッツ 『ジャパニーズビターズ』

こんばんは。

少し前に行ってきた試飲会、テーマはジャパニーズクラフトウイスキーとジン。

ラポートではあまり力を入れてこなかったカテゴリーですが・・・

やはりバーテンダーとしては知っておくべき知識は必要ですし、日々勉強

ということでスタッフと行ってきました。

それぞれ特徴を出すために努力されてますし、面白いものも多数ありました。

その中でも、ビターズが目を引きました。

一般的にはアンゴスチュラやオレンジを扱うお店が多いと思いますが

今回は「柚子」、「紫蘇」、「旨味」の三種類。

これはカクテルにエッセンスとして少量加えるだけで、仕上がりに幅を

持たせられるのでは・・・と思います。

ジャパニーズビターズ 柚子・紫蘇・旨味

柚子や紫蘇は何となくイメージが湧きますが、旨味って・・・

鰹出汁の風味が強く、まさに旨味。

どんなカクテルにしようか楽しみです。

では、今宵も桜新町でゆるりとお待ちしております。

BAR RAPPORT(バー・ラポート)軍司