新入荷オールドコニャック 『ドゥニ・ムニエ・V.S.O.P』

こんばんは。

最近お客様に勧めていただき、観始めた「Zガンダム」

割とファーストガンダムの話にはなるのですが、こちらは観たことが

なかったので・・・

そうしましたら新しい発見が。オープニングとエンディングのテーマ曲

を作っているのが、「ニール・セダカ」じゃありませんか!

オールディーズなのでしょうが、AORぽい曲もあったりするので時々流したり

するんです。

今日は雨なのでちょうど良いかも・・・

「Laughter In The Rain」

ガンダムネタというより音楽ネタになっちゃいましたね。

では本題です。

本日は80年代に流通していた、オールドコニャックのご紹介です。

ドゥニ・ムニエは2人のコニャック製造職人、”ジュスタン・ドゥニ”と

”アンリ・ムニエ”の性から名付けられました。

ドゥニ・ムニエ社は自家蒸留はせず、ネゴシアンとして各地で蒸留された

コニャックを購入し、特製のホワイト・オークの樽で長期熟成させ

ブレンド技術を駆使してボトリングされます。

イギリス向けに輸出を始めてから愛飲家が増え、英国王室御用達までに

なります。

そして、エリザベス女王がフランスを公式訪問した際、ヴェルサイユ宮での

晩餐会の食後酒として用意されました。

80年代ローテーション ドゥニ・ムニエV.S.O.P

フィーヌ・シャンパーニュ表記なので、グランド・シャンパーニュのブドウの

50%以下のプティット・シャンパーニュのブドウを混ぜて造られるタイプ。

そして5年以上の熟成を経たコニャックになります。

とても華やかな香りに包まれ、口に含むと凝縮したブドウ感があり

円やかな味わいです。

熟成年数から考えると、それよりも長くエレガントに感じますね。

是非、一度お試しくださいね。

では、今宵も桜新町でゆるりとお待ちしております。

BAR RAPPORT(バー・ラポート)軍司