オリビアニュートンジョンLIVE@渋谷オーチャードホール

こんばんは。

今年2回目のオーチャードホールは「オリビアニュートンジョン」

もう66歳なんですね。

でも年齢考えたら、めっちゃ若いですわ。

スタイルも維持してるし、声も全く問題なし。

オーストラリア出身のカントリー歌手というイメージがありますよね?

私もそう思ってました。

イギリス生まれてオーストラリアで育ち、売り出し方がカントリーポップだった

だけで、本人はあまりそういうカテゴリーは意識してなさそうでした。

「そよ風の誘惑」からスタートして、まさかの2曲目で「ザナドゥ」がくるとは・・・

中盤位で盛り上がる時かなと思ってたんで、最初からテンションマックス!!

中盤は「カントリーロード」などカントリーポップ中心に。そして「フィジカル」で総立ち。

後半は映画「グリース」から数曲。映像がフラッシュバックしまくり。

アンコールの「オーバーザレインボウ」や途中の「クライ・ミー・ア・リバー」などの

スタンダードをしっとり歌い上げる感じも良かったですよ。

もっと早くに聴きにいけば良かったな・・・と少し後悔。

では、今宵も桜新町でゆるりとお待ちしております。

BAR RAPPORT(バー・ラポート)軍司