新入荷ジン 『フェルディナンズ ザール・ドライジン』

こんばんは。

本日ご紹介するのはドイツのクラフトジンです。

ドイツのモーゼル地方、ザール地区にある村ヴィンヘリンゲンにある

アバディス蒸留所はフルーツブランデーやリキュール、ワイン樽熟成のウイスキー

なども生産しているようですが、現在はこちらのジンが主力になっているそうです。

ベーススピリッツは地元の小麦50%、ライ麦25%、パン小麦の原種に当たる

スペルト小麦25%を自家蒸留しています。

手摘みされた約32種類のボタニカルで香りつけされ、その約7割が自家農園で

栽培されており、クインス(西洋かりん)やヴィンヤードピーチ(ワイン畑の桃)

やラベンダーなどが使われているようです。

そして蒸留後にはツィリケン・エステートのリースリングから造られる

ドイツワイン最高格付けであるシュペトレーゼを添加しているところも

他のジンには見られない特徴と言えます。

フェルディナンズ ザールジン

一般的なドライジンとは異なり、フルーティでフローラルな香りが特徴の

ようで添加された白ワインの香りも感じられるとのこと。

味わいも上品で複雑な広がり、他のジンにはない甘さが広がり

余韻はすっきりと引いていくようです。

やはりそのまま楽しむか、シンプルに同量のソーダ割りとかが良い

かもしれませんね。

是非、一度お試しくださいね。

では、今宵も桜新町でゆるりとお待ちしております。

BAR RAPPORT(バー・ラポート)軍司