新入荷シングルモルト 『アードベック ドラム』

こんばんは。

ウインブルドンも終盤。日本選手は残っていませんが、連日

熱い試合が続いてます。

久しぶりに、フェデラー対ナダルの試合を観戦しました。

37歳と34歳のハイレベルな戦い。

20も30もラリーが続く消耗戦の末、フェデラーが勝利。

観ているこちらも消耗しました(笑)

決勝はジョコビッチとフェデラーの対戦、楽しみですね。

では本題です。

本日ご紹介するウイスキーは、アイラウイスキーの中でも

人気があり、発売と同時に即完売してしまう蒸溜所からのリリースです。

毎年5月から6月にかけて行われる世界的なお祭り”アードベックデー”で発売

される限定商品。

今年のテーマはカーニバルということで、陽気なカーニバルの音色を表現

したとか・・・

バーボン樽で熟成した後、カーニバルの聖地カリブでは欠かすことのできない

ラム酒の空き樽で追加熟成を施しています。

様々な香りが、早打ちドラムのように次から次へと押し寄せまるでパレード

のようなウイスキーとのことですが・・・

アードベック ドラム

テイスティングノートより

香りはスモークしたリンゴやパイナップル、熟したバナナのアロマ。

アードベックらしい松脂に木を燃やした煙のニュアンス。

ココアパウダーやシナモン、ラベンダーのような華やかな香り。

味わいは胡椒のようなスパイシーさ、力強いスモーキーさとオイリーさ。

タールやクレオソートの風味にダークチョコレートが広がる。

クローブやリコリス、バニラやジンジャーと次第に変化していく。

フィニッシュは強烈なスモーキーさ。芳ばしいコーヒーリキュールや甘美な

スパイスが重なりあう、深みのある複雑な余韻が長く続く。

コメントを見る限りはただスモーキーなだけではなく、様々な風味が感じられ

その変化が楽しめそうですね。

年1の記念ボトル、是非なくなる前に一度お試しくださいね。

では、今宵も桜新町でゆるりとお待ちしております。

BAR RAPPORT(バー・ラポート)軍司