新入荷ジン 『香の森』

こんばんは。

昨日はお休み頂きまして、親知らず抜歯2回目行ってきました。

今月初めに人生初めてだったのですが、麻酔が効いているので痛みは

ありませんが、歯を砕く機械の音と振動がすごいんですよ。

どのように処置しているのか気になり、目を開けてみたいのですが

あまりの音と振動に恐ろしく・・・

そこそこの流血と腫れは気になるものの、1週間程度で落ち着くので

しばらくは禁酒と薬漬けの毎日になりそうです。

子供の頃、両親に「歯は大事に」と言われたことが、今頃になって

身にしみますね。

では本題です。

本日ご紹介するジンは、巷で人気のクラフトジンです。

あまり流行りに乗るのが好きではないのですが、お客様にも

よく「クラフトジンありますか?」と聞かれますので・・・

あの養命酒を生産、販売している会社が今年の春にリリースした

ジンは長野県の中央アルプスの麓、駒ヶ根で生産されています。

そのロケーションは空木岳などの標高3000メートル級の山々に囲まれ

山麓の地下150メートル、花崗岩に磨かれた天然の水を汲みあげることが

できる自然豊かな場所と言えます。

日本最古の香木と称される「クロモジ」と松や杉など18種類もの

ボタニカルを使用しています。

クロモジは国内の産地に自生するクスノキ科の和製ハーブで、高級楊枝や

お茶として飲まれたり、アロマオイルなどにも使用されているそうです。

香の森

クロモジのみを加えて蒸留した液とボタニカルをあらかじめ浸漬して

蒸留した液をブレンドして造られることで、フレーバーや味わいに

ボタニカルがしっかりとのっていると思います。

特にクロモジや松や杉などの香木の香りが良く感じられ

白州などに感じられる森林浴のイメージが近いかと思います。

カクテルでも良いですし、そのままの風味をシンプルに楽しんでも

良いかと思います。

是非、一度お試しくださいね。

では、今宵も桜新町でゆるりとお待ちしております。

BAR RAPPORT(バー・ラポート)軍司