新入荷シングルモルト 『ダン・イーダン カリラ 1992 21年』

こんばんは。

今日は静岡で日本対アイルランドの試合がありました。

夕方からでしたので、昨日教えて頂いたルールを確認しながら

観戦してみました。

まさかの7点差での勝利。

解説の方曰く、いつものアイルランドの試合展開を見事に封じて

いたと。ギリギリのところでペナルティ無しで見事なディフェンス

に興奮しました。

そしてフィジカルでは厳しいところも、スピードで相手をかわし翻弄する姿に

思わず声を抑えきれませんでした。

こうなると欲がでますよね・・・

スコットランド、サモワも期待したいと思います。

では本題です。

先日ご紹介したイタリアメーカーのシリーズから、もう1本ご紹介

したいと思います。

こちらの蒸留所もアイラ島の中でも最大級の規模を誇ると言われて

いますが、それでも昨今の原酒不足からの価格高騰は否めず

ボトラーズの原酒確保が年々厳しくなっている状況です。

数年前にリリースされたカリラも素晴らしく、今回も迷わず購入に

至りました。

20年熟成を超えた原酒は洗練された、しっかりとしたピートとスモークが

飲み頃の旬を迎え、端々にフルーティなニュアンスが期待できます。

ダン・イーダン カリラ 1992 21年

テイスティングノートより

薬品臭や硝煙、焚き火などの奥からグレープフルーツの香り。

スモーキーでオイリーな味わい。海藻や黒胡椒のニュアンス。

太いスモーク感から、奥から柑橘の果実感へと長く残る。

ただアイラ特有の香りだけでなく、柑橘やフルーツの香りが入ってくる

のが良いですよね。

以前にご紹介したボウモアもそんな感じでした。

こちらも期待できそうです。

是非、他のカリラと飲み比べしてみてくださいね。

では、今宵も桜新町でゆるりとお待ちしております。

BAR RAPPORT(バー・ラポート)軍司