新入荷カルバドス『アドリアン・カミュ33年』

こんばんは。

今朝、帰宅する時に雨脚が強くなりつつあったのですが

皆さんが通勤する時はいかがでしたでしょうか。

世田谷区は警報が出ていたようですが・・・

そろそろカラッと晴れて欲しいものです。

では、本題です。

本日ご紹介するのは、久しぶりのカルバドスです。

今回は信濃屋さんのプライベートボトリングでの長期熟成カルバドスです。

「アドリアン・カミュ」は16世紀から自家栽培と自家蒸留を続ける名門で

家族経営の小規模生産者です。

東京ドーム10個分に当たる45ヘクタールのリンゴ園を所有し、25~30種類の

リンゴは全てビオロジック(有機栽培)で栽培されます。

AOCペイドージュ企画では30%以下まで洋ナシをブレンドが許可されて

いますが、「アドリアン・カミュ」は一切ブレンドせずにリンゴ100%で

生産するのも特徴の一つです。日本には288本の限定入荷になります。

『アドリアン・カミュ 33年Brut De Fut For Carvador &Shinanoya』

テイスティングノートより

香りはダージリンやリンゴの焼き菓子、熟成したピノ・ノワールや

葉巻の香り。

口に含むとタルトタタンやリンゴのコンポート、濃密な甘みと酸味、

タンニンの素晴らしいバランス。

焼きリンゴのデザートを食べているような甘苦い余韻。

昨今、価格上昇もあり取り扱っていなかった銘柄ですが、スタンダード

のボトルでも申し分ない旨味とバランスです。

今回は長期熟成ということで、多少お値段は張りますが後悔はないかと

思います。

初秋の夜長にゆるりとグラスを傾けて、時間を楽しんで見ては如何

でしょうか。

是非、無くなる前に一度お試しくださいね。。

では、今宵も桜新町でゆるりとお待ちしております。

BAR RAPPORT(バー・ラポート)軍司