新入荷オールドバーボン『70年代流通 エイシェント・エイジ』

こんばんは。

オールブラックス負けちゃいましたね。予選を観たイメージでは決勝は

ニュージーランド対南アフリカかなと思ってましたが・・・

開始10分だけ観て仕事だったのですが、まさか2分でトライを決める

パスさばきとスピード感。テンポの良い攻撃でしたね。

帰ってから、お酒片手にじっくりと観戦したいと思います。

では本題です。

久しぶりにバーボンのご紹介です。

オールドボトルと一言で言っても、古ければ良いというわけでは

ありません。

保存状態もありますし。やはり古くなるとアルコールが抜けていたり

リスクも高くなると思います。

オールドのバーボンでいうと、個人的には90年代前半に蒸留され

特級表記のあるものが、樽の香りや味わいが濃く、それがウイスキー

の色合いにもしっかり出ていて個人的には好きですね。

樽香がしっかりあって、味わいが濃密。

70年代だからもっと柔らかい味わいを想像してましたが、

90年代の濃いバーボンを連想させる味わい・・・

『70年代流通オールドバーボン エイシェント・エイジ』

エイシェント・エイジは柔らかい味わいで、丸く甘みがある

印象ですが、70年代に蒸留されたとは思えないアルコールの

ボリューム感があります。

是非、一度お試し頂きたいですね。

では、今宵も桜新町でゆるりとお待ちしております。

BAR RAPPORT(バー・ラポート)軍司