新入荷シングルモルト『駒ケ岳 リミテッドエディション 2019』

こんばんは。

ここ数日朝方の冷え込みが強く、今朝は北海道や東北では積雪もあった

ようですね。

暦では立冬ですが、日中は日差しがあると暖かい日もあり冬が近いのを

忘れてしまいそうです。

朝晩の寒暖差が激しいので、自律神経がおかしくなることがあるそうです。

実際身近なところでも良く耳にします。

そしてインフルエンザが早くも流行っているとか・・・

私も近々、予防接種を受けようかと思っています。

皆さんもご自愛くださいね。

では本題です。

本日ご紹介するウイスキーは久しぶりのジャパニーズ・シングルモルトです。

年に数回、本数限定でリリースされてきますが、このリミテッドエディション

も今回で4回目くらいでしょうか。

ジャパニーズウイスキー自体が価格高騰が激しい昨今ですが、駒ヶ岳は

その中でも比較的扱いやすい価格、かつ様々な樽のフィニッシュの原酒を

ブレンドすることで樽の違いを感じやすいものが多いと思います。

『駒ヶ岳 リミテッド・エディション2019』

今回はアメリカン・ホワイトオークのバーボンバレルとシェリー樽で

熟成された原酒をヴァッティングさせてボトリングされています。

テイスティングノートより

熟した柿や杏の香り。オレンジマーマレードの香り。

カリンやメロンを思わせる味わい。

上品でまろやかな味わいとクリーンで心地よい余韻。

今回も期待できそうですね。

是非、無くなる前に一度お試しください。

では、今宵も桜新町でゆるりとお待ちしております。

BAR RAPPORT(バー・ラポート)軍司