新入荷シングルモルト『オールドパティキュラー オスロスク1997 21年』

こんばんは。

12月に入り、今年も残り半月と気づいたら年始を迎えている

ようなスピードで日々が過ぎていきますが、皆さんは

忘年会シーズンのピークをお過ごしのことと思います。

例年に比べると気温が高く、何を着て出て良いものやら・・・

特別な師走感も無く、不思議な年末を感じているのは私だけでしょうか。

お酒の席も増え、寒暖差もあり体調を崩しやすいですし

例年よりもインフルエンザも激しく流行っているようなので

皆さんもご自愛ください。

では本題です。

本日ご紹介するウイスキーはシングルモルトスコッチ。

久しぶりに”ダグラスレイン”社が瓶詰めする、オールドパティキュラー

からのリリースです。

Auchroiskでオスロスクと読みますが、読みづらいことから発売される

時にはシングルトンと言う名前でリリースされました。

現在はオスロスクに戻って販売されていますが、生産された原酒は

シングルモルトとしては、ほとんど流通せずブレンデットスコッチの

J&Bのキーモルトとして使われています。

『オールドパティキュラー オスロスク1997 21年』

テイスティングノートより

香りはレモンキャンディやジンジャー、ハニー。

味わいはフルーティで、林檎や洋梨、ライムや焼きたての

ビスケット。新しいオークのニュアンス。

フィニッシュはフルーツの青っぽさ、焼きタルト、大麦の甘さが

長く感じられる。

フルーティで華やかさがたっぷりな仕上がりを期待したいですね。

是非、無くなる前に一度お試しくださいね。

では、今宵も桜新町でゆるりとお待ちしております。

BAR RAPPORT(バー・ラポート)軍司