新入荷シングルモルト『BBRブナハーブン2006 7年』

こんばんは。

新年が明け、今月の休業日のお知らせをアップしてからご無沙汰

しておりましたが、変わらずゆるゆると営業しております。

年始のスポーツの話なども描きたかったですが、あまりに時間が

過ぎてしまってますからね・・・

高校サッカー選手権決勝、青森山田と静岡学園はここ数年でも記憶に

残る試合だったのではないでしょうか。

前半2点勝ち越しで折り返した青森山田、誰しもがそのまま終わって

しまうのではと想像してたと思います。

そこから怒涛の反撃、そして逆転劇。

これだから甲子園然り、バスケウインターカップ然り、高校スポーツ

は面白いですね

では本題です。

本日ご紹介するウイスキーはシングルモルトスコッチ。

今回はベイリーブラザーズ・ラッド社と信濃屋さんのジョイントボトル。

信濃屋さんプライベートボトリングの第2弾になります。

このラベル、懐かしいですよね。しばらく見なくなりましたが、信濃屋さん

のプライベートボトルで旧ラベルで復活しました。

このシリーズも美味しいボトルが多かった印象です。

つい先日ご紹介したオルトモアもフルーツ爆弾で、好評頂いております。

今回は通常の2ppmから35~40ppmというヘビーリーピーテッドで

仕込まれていますので、香りは強めに仕上がっていると思われます。

『BB&R ブナハーブン2006 7年 For Shinanoya』

テイスティングノートより

香りは強烈なピート、ストレートなスモーク。潮風や青リンゴ

奥からヨードと仄かにハーブ。

口に含むと甘い灰、焼きたてのパン、タバコや葉巻の煙、煎茶。

フィニッシュは非常に長い。

ここ最近のヘビーピーテッドのブナハーブン、何本か入荷していますが

かなりしっかりめの香りのようですね。

是非、他のボトルと飲み比べて見てくださいね。

では、今宵も桜新町でゆるりとお待ちしております。

BAR RAPPORT(バー・ラポート)軍司