新入荷シングルモルト『シグナトリー グレン・リベット2006 12年』

こんばんは。

ここ最近、営業でよくあることなのですが、来店時のマスクの着用や

入店後の手洗いとアルコール消毒のお願い等に不快な様子のお客様が

いらっしゃいます。

お咳をされる際に周りに配慮がない方ことで、他のお客様がお帰りになる

ケースもありました。

店内での楽しみ方を含め、皆さんが快適に過ごして頂けるようにお店側も

細心の注意を払って10年続けてまいりました。

ここ最近のケースは「自分は大丈夫」という、他人への配慮が感じられない

方もいらっしゃることに違和感を覚えました。

今後のお店のルールやバーとしての在り方、ウィズコロナの中での

我々のサービスなどを考える時なのだなと改めて痛感した次第です。

では本題です。

本日ご紹介するウイスキーはシングルモルトスコッチです。

毎年秩父神社を舞台に開催される、「秩父ウイスキー祭り」

このイベントを記念してボトリングされる、プライベートボトルが

入荷しましたので、順にご紹介していきたいと思います。

”シグナトリー・ヴィンテージ”社は80年代後半に創業、現在は有名

ボトラーとして、ご存知の方も多いと思います。

「アン・チルフィルタード・コレクション」シリーズは加水タイプで

バランスのとれたボトルが多い印象ですが、今回の祭りボトルや

少し前に入荷しました、同シリーズのボトルはカスクストレングスで

瓶詰めされています。

今回はボトラーズとしては珍しい「グレン・リベット」蒸留所から

ファーストフィルのシェリーカスク熟成でのリリースです。

『アン・チルフィルタード・コレクション グレン・リベット2006 12年』

テイスティングノートより

ドライオロロソシェリー、ローストアーモンド、古木系のウッディな香り。

味わいはレーズンやプルーン、ドライイチジクやグリオッティン。

フィニッシュはダークチョコやバナナの皮。

シガーなどにも合いそうな、ダークシェリーのグレン・リベット。

シェリー樽好きな方にピッタリな仕上がりの予感です。

是非、無くなる前に一度お試しくださいね。

では、今宵も桜新町でゆるりとお待ちしております。

BAR RAPPORT(バー・ラポート)軍司