新入荷シングルモルト『ウルフバーン2015』

こんばんは。

お盆も終盤ですが、西日本各地で暴風雨にみまわれているようです。

関東も強い雨が降ったり止んだりの繰り返しで、風も少し出てきた

ように思います。

昨年のような土砂災害などなければ良いのですが・・・

車も空いているようですし、電車もガラガラで今週いっぱいは

のんびりな営業が続きそうです。

お時間ある方は是非のんびり過ごしにいらして頂けたらと思います。

では、本題です。

スコットランド本島北端の街に実在した蒸留所は、1821年に創業し

55年後には廃墟として記録に残されています。

そしてその名を受け継いで蒸留所が再生されたのが2011年。

2013年が初蒸留、その3年後に待望の日本上陸を果たしました。

今回は信濃屋さんのプライベートボトリングとして、シェリー樽で

熟成されシングルカスクのリリースになります。

ウルフバーン2015

テイスティングノートより

トーストや樹液、アカシアの蜂蜜、オールスパイスの香り。

口に含むと、プルーンやブルーベリージャム、麦芽系乳飲料、メープルシロップ

黒糖や和三盆の甘み、ややナッティでクリーミー。

フィニッシュはビターチョコレート、ブラックペッパー、ナツメグの

スパイスが心地よい。カカオとダークフルーツケーキの上品な味わいが

堪能できる。

シェリー樽の単調な味わいではなく、フルーツ感と様々な甘みが感じられる

楽しみな1本です。

是非、一度お試しくださいね。

では、今宵も桜新町でゆるりとお待ちしております。

BAR RAPPORT(バー・ラポート)軍司

新入荷シングルモルト 『アラン・モルト2006 12年』

こんばんは。

世間は夏休みの空気が流れ、電車の中も空いていますし何となく人の

数も少ないような気がします。

夏の風物詩、甲子園も2回戦までが終わり名門と言われるような常連校が

名前を連ねていますね。

昨年の夏や今年の春にもスタメンで出ている選手も多数。解説の方も

一年、半年でウイークポイントの修正やそれぞれのスキルが上がっている

と話していました。

スポーツも仕事も一緒ですね。コツコツ積み重ねるのみ。

ラポートももうすぐ9周年を迎えますが、日々コツコツと積み上げて

いきたいと思います。

では本題です。

2019年で6回目になる秩父ウイスキー祭り。

秩父蒸留所の原酒だけではなく、オフィシャルシングルカスクや

ブレンデッドモルトなど様々なウイスキーが提案されてきている

ようです。

今回はウイスキー祭りボトリング初となる、アラン蒸留所のオフィシャル

ボトリングを厳選、シェリー樽熟成かつカスクストレングスで限定305本

のリリースになります。

アラン・モルト 2006 12年 秩父ウイスキー祭ボトリング

テイスティングノートより

蜂蜜の甘い香りとトースト、アーモンドオイル、シェリーブランデーの香り。

口に含むとサルタナレーズン、ドライアプリコット、チョコレートバター

ビターオレンジ、ドライフルーツの甘さとビターな味わいの印象。

フィニッシュはビターチョコレートやコーヒー、上品でビターな

テイストが長く続く。

シェリー樽フィニッシュがお好きな方には、たまらないテイストに

仕上がっていそうですね。

是非、一度お試しくださいね。

では、今宵も桜新町でゆるりとお待ちしております。

BAR RAPPORT(バー・ラポート)軍司

新入荷シングルモルト 『グレンバーギー 1988 27年』

こんばんは。

始まりましたね甲子園。スタッフは愛知、私は秋田出身ということで

それぞれ地元を応援するわけですが・・・

初戦で敗退。秋田中央は再三のチャンスで得点することができず敗退

したものの、とても良い試合だったと思います。

今日の三回戦、前橋育英と國學院久我山の試合が面白かったですね。

6回中盤までは、得点を入れては入れられてのシーソーゲーム。

動いたのは7回でした。前橋のエラーなどのミスからの猛攻。

3点勝ち越して流れは完全に國學院久我山でした。

こんなに暑い中で見ていて心配になってしまうわけですが、球児の

熱い思いを感じながら連日観戦していきたいと思います。

では本題です。

本日ご紹介するウイスキーはシングルモルトスコッチ。

モリソン&マッカイ社が瓶詰めするシリーズで、シングルカスク

カスクストレングスで瓶詰めする「セレブレーション・オブ・ザ・カスク」

前回は長期熟成のブナハーブンでしたが、とても好評いただきました。

2年ぶりとなる第5弾は、フルーティーでフローラルな長期熟成

スペイサイドモルトで信濃屋さんのプライベートボトルになります。

バランタインのキーモルトとして中核をなすグレンバーギーは

スペイサイド地域の最も西に位置する蒸留所です。

セレブレーション・オブ・ザ・カスク グレンバーギー1988 27年

テイスティングノートより

香りはりんごとハチミツ、みかん、もみの木、奥からセージや茶葉。

フルーティーでフローラルな香り。

口に含むと、熟した和梨やパイナップル、アプリコットから

バニラアイスやホワイトチョコ。

フィニッシュは柑橘の皮、紅茶の印象とビターなテイストが心地よく

続く。

80年代蒸留のボトルも中々珍しくなってきました。ゆっくりと時間を

かけて香りを楽しんで頂きたいと思います。

是非、無くなる前に一度お試しくださいね。

では、今宵も桜新町でゆるりとお待ちしております。

BAR RAPPORT(バー・ラポート)軍司