新入荷コニャック 『ギイ・ピナール 2007 フォルブランシュ』

こんばんは。

久しぶりに強い雨の朝でしたね。

ここ数日、朝晩は少し冷え込みも戻り、寒暖の差が激しい日が

多いような気がします。

電車の中なエアコンが効きすぎてたりしますので、体調管理には

気をつけたいですね。

では本題です。

本日ご紹介するコニャックは、以前にも扱った生産者

「ギイ・ピナール」です。

17世紀初めからファン・ボア地区でコニャック造りを続けている

「ギイ・ピナール」家は、いち早くオーガニック農法に転換。

79年蒸留から無農薬で愛情を注いで大切に育てられる葡萄を使い、

唯一無二のコニャックを生産しています。

絶滅危惧種のフォル・ブランシュは、元々耐久力のない種であるのと

樹齢もあり今後の生産量も望めず、4列だけ植えられていた樹も

数年前に抜き取られました。

今後の植え付けは未定で、今回は貯蔵庫にある貴重な原酒とのこと。

フランス国内でも流通が少なく、国外輸出もない貴重なボトルで

378本のみのリリースです。

ギイ・ピナール 2007 フォル・ブランシュ

テイスティングノートより

フレッシュな白桃やピーチティー、ドライフラワーやライラックの

甘やかな香り。わずかに感じるオークのスパイス。

口に含むとトロピカルフルーツ、桃の缶詰。マスカットやライチ、

アップルミント。フレッシュでフルーティーな味わい。

フィニッシュはゲヴェルツトラミネールのワイン、ホワイトペパーや丁子の

心地よいスパイスが優しく漂う。

それほど長くない熟成は長期熟成のウイスキーのフルーティーな味わい

を彷彿させる。

兎にも角にもフルーツ感いっぱいの香りと味わいを楽しめそうです。

前回は長期熟成のとてもエレガントなボトルでしたが、今回も期待でき

そうです。

是非、無くなる前に一度お試しくださいね。

では、今宵も桜新町でゆるりとお待ちしております。

BAR RAPPORT(バー・ラポート)軍司

新入荷シングルモルト 『駒ケ岳 2019 屋久島エイジング』

こんばんは。

今日は暖かいを通り越して、暑い一日でしたね。

公園で日光浴しながら、日焼けを楽しむ人もいたようです。

連休明けの週末、盛り上がりますかね・・・

のんびり頑張りたいと思います。

では本題です。

国産ウイスキーの需要が伸び、原酒が不足している昨今。

新しいボトルがリリースされると、あっという間に完売になったりします。

こちらのウイスキーも年に何度かリリースされますが、今回は限定1760本

とのことで・・・

ん?少ないの? やや疑問はあるものの購入してみました。

既にネットでは倍の価格で売られてるみたいですね。

2015年にマルス信州蒸留所で蒸留された原酒を、鹿児島本土から南南西約60㎞の

海上にある世界自然遺産の島”屋久島”で熟成させました。

この屋久島エイジングセラーの中から、シェリー樽で熟成させた原酒を主体に

ヴァッティングしたウイスキーです。

駒ケ岳 2019 屋久島エイジング

テイスティングノートより

ピート由来の香りとビターチョコやコーヒーといったシェリー樽由来の

濃く甘い香りが重厚感のある印象をつくり、バランスが良く甘いビターな

味わいが余韻として長く続く。

割とピート感が強く感じられるかもしれません。色から想像するような

ベタつく甘さはなく、ビターな余韻が素敵です。

度数は少し高めですが、気にならないバランスも素晴らしいと思いますよ。

是非、無くなる前に一度お試しいただき、飲み比べもして見てくださいね。

では、今宵も桜新町でゆるりとお待ちしております。

BAR RAPPORT(バー・ラポート)軍司

新入荷ブレンデッドモルト 『エレメンツ・オブ・アイラ PEAT』

こんばんは。

連休が明け予想通り、静かな日々でございます・・・

昨日のニュースでは、早くも今年のお盆休みの話が出ていました。

耳を疑いましたよ。

なんと今年は9連休になるかもしれないとか。

皆さん帰省されるかと思いますが、それにしても長すぎでしょうに。

これまたどうなってしまうのか。

その地獄の盆が過ぎると、ラポートは9周年で10年目を迎えることに

なるのですが、無事に迎えられるのか・・・

コツコツ頑張るしかないですね。

では本題です。

本日のウイスキーは前回ご紹介しましたブレンデッドモルト、

ボトルの名前は同じですが、こちらは加水されたタイプになります。

アイラ島のシングルモルトスコッチをいくつかブレンドしていて

アイラ好きのお客様にとても好評でした。

こちらは加水タイプですので、度数がやや気になる方でも

チャレンジしやすいかと思います。

スペシャリティ・ドリンクス エレメンツ・オブ・アイラ PEAT

テイスティングノートからは、ライムやグレープフルーツのような柑橘の

香りやピートスモークや潮の香りが感じられそうです。

ベーコンのようなオイリーなテイストからビターに変化。

フルーツ感と最後までピートスモークが余韻として感じられそうですね。

是非、カスクストレングスタイプと飲み比べてみてくださいね。

では、今宵も桜新町でゆるりとお待ちしております。

BAR RAPPORT(バー・ラポート)軍司