新入荷ラム 『シャマレル モスカテルカスクフィニッシュ』

こんばんは。

昨日の雨はひどかったですね。

これから出かけようかというタイミングで突然の豪雨。

止むまで自宅で3時間待機からの知人がお店を閉めるとのことで

何年かぶりに伺ってきました。

飲食、BARあるあるで盛り上がり、何年かぶりに会った気がしないのが

不思議なくらい楽しい時間でした。

色々な話も聞けましたし、彼の仕事への姿勢が自分のモチベーションを上げる

きっかけになりました。

紹介して頂いたお客様から別の知人が近所でお店を任されているとの情報

をもらい、結婚祝い兼ねて襲撃。

遅いスタートだったのもありますが、終電逃して深酒してしまい・・・

ダメージはありますが、知人からもらったエネルギーで今週も頑張りたいと

思いますので、よろしくお願いいたします。

では、本題です。

ここのところラムのお知らせが続いておりますが、またまた限定ラムが

入荷いたしました。

横浜ラムフェスでも人気で2017年瓶詰めは生産者在庫は完売のようです。

アフリカ大陸の近く、インド洋に位置する島モーリシャス。

何度かご紹介してますので、島の説明は割愛させていただきます。

シャマレルは2008年から蒸留を開始した、まだ新しい蒸留所です。

「広大な山の地」という意味のシャマレルは、島で最も高品質なサトウキビを

生産する高地に蒸留所を構え、その周辺のサトウキビ畑を自社で所有。

そのサトウキビの絞り汁をそのまま発酵、蒸留するという極めて贅沢で

コストのかかるアグリコール製法を行なっています。

選りすぐりの6年超え熟成原酒した後、フローラルな甘みが特徴である

モスカテルシェリーの空き樽で12ヶ月後熟させています。

シャマレル モスカテルカスクフィニッシュ

テイスティングノートより

香りはフローラルでフルーティ。

イチジクやプルーン、各種スパイスの風味が味に厚みを持たせ

バニラやトフィーの甘みが心地よく余韻として続く。

 

新入荷ラム 『ニューグローブ シングルカスク2007』

こんばんは。

昨日くらいから急に冷え込み始めましたね。

例年9月はまだ残暑厳しい時期ですが、すでに10月並みの気温だとか・・・

うだるような暑さから急な冷え込みで体調を崩し易いと思いますので

皆様、ご自愛くださいね。

では、本題です。

少し前にもご紹介したラム、インド洋にあるモーリシャスのラムです。

良質な糖蜜(モラセス)から造る、ノンアグリコールラム。

グレイズ蒸留所で蒸留され、リムーザンのフレンチオークで熟成。

シングルカスクとしてボトリングされる数は500本弱になります。

ニューグローブ シングルカスク2007

インポーター曰く「桃と紅茶」が炸裂とのキャッチコピーに押されました。

黒蜜や熟した桃の皮の香り、樽由来のウッディさ。

味わいも桃や紅茶のニュアンスに、バニラの風味。

前のボトルとの飲み比べも面白いと思いますよ。

是非、一度お試しくださいね。

では、今宵も桜新町でゆるりとお待ちしております。

BAR RAPPORT(バー・ラポート)軍司

新入荷シングルモルト 『オールドパティキュラー ダルユーイン2005 12年』

こんばんは。

昨日の台風ですが、大阪の映像を見ていると車は転がり屋根は剥がされ、

看板も飛ばされていて、とんでもない事になってましたね。

宅配ピザの配達の男性がバイクごと飛ばされてましたが、何もこんな日に

オーダーしなくても・・・なんて思って見てました。

関東は被害はそれほどでもなかったようですね。

世田谷も雨はほとんど降らず、多少風は強かったですが

特に問題がなくホッとしているところです。

まだ9月の初めですから今年はもっと台風が増えるらしいです。

危機管理と言っても、自然が相手ですからね・・・

では、本題です。

グラスゴーにあるダグラスレイン社が瓶詰めする人気シリーズ

オールドパティキュラーから久しぶりの入荷です。

ダルユーイン蒸留所はオフィシャルボトルが無く、以前まではUD社が

出していた「花と動物」シリーズがオフィシャル扱いになっていました。

蒸留所はスペイサイド地域にあり、ジョニーウォーカーのメイン原酒にも

なっており、ジョニーウォーカーブラックではタリスカーと同様に重要な

キーモルトになっています。

今回はシェリーフィニッシュということで、以前のオフィシャルとどう違うのか

楽しみですね。

オールドパティキュラー ダルユーイン2005 12年

甘いシェリー香と穏やかなスパイス、煮込んだプラムのような色の濃い

フルーツとシリアル感が広がる。

甘みと果実味が強く、徐々にペッパーのスパイスが広がる。

フィニッシュはスパイシーなレーズンにミントのニュアンス。

シェリー樽の風味が続く。

最近のシェリーフィニッシュは甘すぎず、スパイシーなニュアンスも

ありと、中々面白そうですね。

是非、他のボトルとも飲み比べしてみてくださいね。

では、今宵も桜新町でゆるりとお待ちしております。

BAR RAPPORT(バー・ラポート)軍司