新入荷シングルモルト 『ダンベーガン ブナハーブン2007 10年』

こんばんは。

昨日は臨時休業頂きましてご迷惑をおかけしました。

いつも取引きのあるインポーターさんなどの合同試飲会があり

スタッフと勉強を兼ねて行って参りました。

試飲会で出会ったウイスキーなど、またポツポツとご紹介して

いきたいと思いますのでご期待ください。

試飲会の後は銀座のミクソロジーカクテルのお店でカクテルの

勉強をし、また今後の営業に繋がる時間が持てました。

あまり興味を持たずにきましたが、普段のメイキングにプラスに

なることも沢山ありました。

今後のカクテルメニューも少しづつ新しいエッセンスを加えていこうと

思いますので、そちらもご期待ください。

では本題です。

本日ご紹介するウイスキーはシングルモルトスコッチ。

皆さんが好きなアイラウイスキーの入荷です。

ブナハーブンは15年くらい前までは色が薄いゴールドで海の潮の香りが

する優しい甘みのある印象でした。

最近はシェリー樽仕様なんでしょうか・・・甘みが強くなったような

気がしますね。

ボトラーズからも色々リリースされていますが、気になるのはやはりお値段。

高すぎると提供しづらくなってしまうので・・・

今回も若めのエイジングなので、リーズナブルな価格でのご提供が可能です。

ダンベーガン ブナハーブン2007 10年

テイスティングノートより

香りは骨太なスモーク、干し草やヨード、甘いレモンのような柑橘。

ボディはスモーク、ハニー、レモンキャンディーの甘み。

フィニッシュはスモークと杜仲茶のビター感が長く続く。

ブナハーブンなのに、非常にスモークとヨードの香りが強いので

アイラ好きな方にはご満足頂けるかと思います。

度数もほどほどにありますので、ロックやソーダ割りでも楽しんで頂ける

と思います。

他のボトルとの飲み比べも含め、是非無くなる前に一度お試しくださいね。

では、今宵も桜新町でゆるりとお待ちしております。

BAR RAPPORT(バー・ラポート)軍司

新入荷シングルモルト 『ティーリング シングルモルト ザ・リバイバル12年』

こんばんは。

相変わらず朝方は気温が下がりますが、日中はやっと春らしさが

感じられるようになってきましたね。

街を歩く人達の装いも軽く、今日は半袖の人もちらほら。

朝晩の気温差が大きいので、体調管理には気をつけたいものです。

では本題です。

久しぶりにアイリッシュシングルモルトウイスキーのご紹介です。

アイリッシュウイスキーの独立瓶詰業社である「ティーリング」社が

瓶詰めする人気シリーズ、「ザ・リバイバル」の第5弾になります。

第3弾はピノデシャラントフィニッシュ、第4弾はマスカットカスクフィニッシュ

に続き第5弾はブランデーカスク&コニャックカスクフィニッシュになります。

バーボン樽で12年熟成させた後、約1年かけてブランデーとコニャック樽で

フィニッシュをかけていきます。

ティーリング シングルモルト ザ・リバイバル 12年

テイスティングノートより

香りは焼いたアーモンドから搾りたてのブドウとシトラスフルーツに変わる。

味はクリーミーな蜂蜜、フローラル、シナモンとレモンピール。

フィニッシュはドライで長く焼いたアーモンドとウッド。

全体的にフルーティな印象のようですね。そこに香ばしさがプラスされる

ようなイメージでしょうか・・・

是非、一度お試しくださいね。

では、今宵も桜新町でゆるりとお待ちしております。

BAR RAPPORT(バー・ラポート)軍司

新入荷シングルモルト 『キングスバリー・シルバー ロイヤル・ブラックラ1998 19年』

こんばんは。

昨日は春一番ということで風の強い一日でしたね。

これで少し暖かい日が増えてくれるといいですね。

今日はこれから明日まで雨の予報のようで・・・

休み前ののんびり営業になりそうです。

では、本題です。

本日ご紹介するウイスキーはシングルモルトスコッチウイスキーです。

キングスバリー社はアバディーンに構える老舗の瓶詰め業社で、以前に

何度かご紹介してきたシリーズ、ゴールドラベルの「カスクストレングス」と今回の

加水タイプのシルバーラベル「リミテッド・エディション」をリリースしています。

ロイヤル・ブラックラは数少ないロイヤルを冠するモルトで人気がありますが、

蒸留が止まっていた時期があったり、昨今もボトラーズでもあまり多くは見かけ

なくなりました。

今回はバーボン樽熟成で70年代から80年代のようなブラックラを彷彿させてくれる

ような仕上がりだそうです。

日本には250本ほどの入荷になります。

キングスバリー リミテッド・エディション ロイヤル・ブラックラ1998 19年

テイスティングノートより

クレームブリュレのようなバニラを感じるアロマから、スパイシーな香りに。

厚みを感じせる広がりと熟成感があり、フィニッシュはフルーティな余韻。

是非、一度お試しくださいね。

では、今宵も桜新町でゆるりとお待ちしております。

BAR RAPPORT(バー・ラポート)軍司