2018 10/2 スティーブン・ビショップLIVE@ビルボードライブ東京

こんばんは。

AORでもよく名の通ったアーティストでシンガーソングライターの1人。

御歳66歳のお茶目なおじさま、スティーブン・ビショップのLIVEに行ってきました。

何枚かレコードでアルバムを所有していますが、やはり大名盤「Careless」

AORのアーティストも多数参加していて、クラプトンやチャカ・カーンも

参加しているアルバム。

ビッシュといえば、映画音楽も多く作っています。

古いところでは82年、ダスティン・ホフマン主演の映画「トッツィー」の

主題歌「It Might Be you」が有名でしょうか・・・

ビッシュがアコースティックギター、ピアノとキーボードをもう1人という

2人の編成。内容も大人のアコースティックライブな感じでした。

スタートはピアノで2曲。そして「Save It For A Rainy Day」へ。

映画トッツィーの主題歌や今年の映画ベンジーの主題歌「Almost Home」や

「Animal House」サントラ特集。

ファーストアルバムから名曲「On And On」や「Careless」と続き

新曲もポツポツと。

笑いを誘う曲紹介なども大人のステージを、ほっこりさせてくれました。

そして、アンコールは「One More Night」でしっとりと締めくくり・・・

初めて観たビッシュのステージは、また行きたくなるようなステージでした。

暫くはライブトークも含め、お店でもヘビロテしていきたいと思います。

BAR RAPPORT(バー・ラポート)軍司

2018 8/30 カーラボノフLIVE@ビルボードライブ東京

こんばんは。

約2年振りに「カーラボノフ」が来日しました。

8月の最終週といえば・・・

そう!弊店の周年ウイークでございます。

例年ですと勿論休みなく営業なのですが・・・

御歳66歳ですからね。いつお目にかかれなくなるか分かりませんので。

近年ミュージシャンや俳優、女優など海外、国内でも他界される方が多く

後で後悔するのもなんですからね・・・

幕開けは軽快な「trouble again」からスタート。

「all my life」や「restless night」、「lose again」などのヒット曲に今回の

ニューアルバムからの新曲もポツポツ。

ジャクソン・ブラウンのカバーや女性のギタリストがインストで

ジョンレノンの「imagin」をカバーしたりと盛りだくさんでした。

アンコールはホイチョイ映画「波の数だけ抱きしめて」でも使われた

「personally」にカーラボノフといえばコレ、「the water is wide」で終演。

前回のライブ同様、本人がアコギとピアノでエレキギターは邪魔しない程度に

合わせるという編成。

年齢を感じさせない、艶のある彼女の歌声に時間を忘れてしまうようなライブ

でした。

次はJDサウザーとこないかな・・・

BAR RAPPORT(バー・ラポート)軍司

2015 ボズスギャッグスLIVE@渋谷オーチャードホール

こんばんは。

3年ぶりにボズのライヴに行ってきました。

前回は武道館でのライヴで、「マイケル・マクドナルド」と「ドナルド・フェイゲン」の3人

でのライヴでした。

少し前にニューアルバムをリリースしたのですが、これがファーストアルバムのよう

な内容のがっつりブルース。

もしや今回のライヴはブルース中心になるのかとヒヤヒヤしましたが・・・

アルバム「シルクディグリーズ」が中心のセットリストで往年のヒット曲の

オンパレード。

パフォーマンスも素晴らしく、とても71歳とは思えない・・・

前回のオリビアやJDのように70歳前後のアーティストは、タイミングを

逃すといつ聴けなくなるかわかりませんからね。

次回の来日も楽しみです。

では、今宵も桜新町でゆるりとお待ちしております。

BAR RAPPORT(バー・ラポート)軍司